MENU

扁桃炎の症状はどれくらいつづくんだろう?

スポンサーリンク

扁桃腺の病気というと、炎症である、「扁桃腺炎」というものになります。
この急性扁桃腺炎というのは、細菌やウイルスが原因によって、症状を発症します。
症状としては、高熱が出ることが確認でき、状況によっては、40度を超える高熱が出ることもあります。
また、喉の腫れ(扁桃)頭痛がおこります。この喉の痛みに伴い、痛みが出るのですが、腫れの具合によっては唾を飲んだだけも強烈な痛みが襲う事があり、食事に支障が出ることが多いです。
この「急性扁桃腺炎」というのは、大体どのくらいの期間、症状が続くのでしょうか?
上記に書いてありますが、この扁桃腺の炎症というのは非常につらいものです。
喉をちょっと使っただけも痛みが出るのでできる限り早くこの痛みから開放されたいものですよね!!
これは、扁桃炎の症状により異なります!!

スポンサーリンク

って行ってしまうと何も解決がしないのですが、症状が回復に向かうのは、人によってまちまちな部分があります。
通常のものであると、大体2日もあれば症状が改善します。
この場合には喉の違和感だけで、「何か喉が痛いな〜、腫れているな〜。」という症状の時に起こっていることがあり、気づかない間に治っていたという事もあります。
もちろん喉の違和感から医療機関を使用することももちろんあります。
続いてが、急性扁桃腺炎になりますが、これは、上記の違和感が本格的に炎症が起こった場合になるのですが、この場合には、処方箋で改善する場合や、点滴をするということで、症状によって治療方法や、完治までかかる時間が異なってきます。
そのため、一概に言えないのですが、大体1週間から2週間かからない位の間症状が完治します。
この急性扁桃腺炎というのは、処方箋や点滴の効果によって、症状が落ち着いても、気を抜くことは出来ません。
それは、炎症が再発する可能性があるということがあります。
そのため、確実に症状が治まるまでしっかりと治療を行う必要があります。
また、痛みに付いてですが、この症状だけは、完治するまで続きます。
これは扁桃腺の腫れが原因で起こっているので、喉の腫れが収まらない限りはこの痛みも終息すると言うことはありません。
しかしながら、痛みも徐々に改善しますので、だんだんと普通に食事や飲料をのむことも可能になります。
だいたいの方ですと平均的に10日間が症状がおさまる目安になるようです。
個人の症状によって治療期間は異なりますので、参考としてぜひ捉えて下さい

スポンサーリンク