MENU

唾を飲むと喉が痛い非常につらい症状です。

スポンサーリンク

喉の痛みの度合いというのは様々ではないでしょうか?
ちょっとイガイガしているような時もあれば、乾燥しているな〜と感じることもあるかと思います。
他にも異物感があったりということもあるかもしれません。
患者さんの中でも一番喉の痛みで辛いというのは、「唾が飲めない様な痛み」になるかもしれません。
これほど辛い痛みもないかもしれません。
人間が普段生活をしている中で、唾を飲むと言うことは非常に多くあります。
これは、ほぼ万人が行う自然現象ではないでしょうか?また、生きている以上は、食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりとします。
このような動作を行う際には必ず喉を使わなければいけません。
この際の痛みというのは非常に辛いです。
せっかく美味しい食事を取ろうとしても、喉の痛みで思う存分食べることができなかったり、味覚を堪能することができなかったりと言うこともあります。

スポンサーリンク

これらの症状として、一番痛みが強いのは「扁桃炎」ではないでしょうか。
この扁桃炎は子供に多く発症するものでもあるのですが、大人でも発症する方もいます。
この痛みというのは唾を飲むどころか口を動かしただけでも強烈な痛みが襲い、涙を流してしまうほど!!それだけ辛いものです。
また皆さんでも多く感染する「風邪」こちらも症状として強い喉の痛みを起こすことがあります。
この際に多いのが、寝起きの喉の乾燥が関わっているという事があります。
これは、寝ている際に、鼻での呼吸ではなく、口での呼吸をする方に多いです。
なかなか無意識で制御が難しいのですが、口で呼吸することで塵やホコリをもろに吸い込んでしまうと言うことがります。
また喉の乾燥も急速に進んでしまうので、朝目覚めると非常に喉の痛みが強く出ることがります。
これに加えて風邪の症状を持っていると、喉の炎症もよりひどくなってしまい、唾を飲むだけで痛みをおこすことがあります。
主に冬場に多いのですが、改善策としては、マスクの使用と加湿器を使用することが一番早いかもしれません。
口の呼吸から鼻に切り替えるというのは無意識での行動なのでなかなか改善することが難しいです。
また「リンパの腫れ」も痛みの原因になります。
これも扁桃と同じく非常に強い痛みが起こるものです。
リンパ、扁桃に関しての痛みは医療機関での抗生剤の使用での改善以外の手立てがありません。
自然治癒や個人で行うことには限度がありますので、素直に医療機関を使用したほうが短期間で症状を改善することが出来ます。

スポンサーリンク