MENU

喉の腫れの原因である喫煙とアルコールは絶つことが吉です!!

スポンサーリンク

喉の腫れというのは様々あるのですが、病気や感染症が原因以外のもので有力なものと言えば「タバコ」です。
このタバコとうのは、非常に体に害のあるものです。
これはみなさんも当然ご存知であると思いますし、この記事を読んでいる方でも禁煙に努めたいと日々思っている方が沢山いらっしゃるかとおもいます。
タバコやアルコールというのは、非常に体に悪影響を与えます。
出来ることならば、禁煙、禁酒を行うことを強くオススメ致します。
これは、喉に多大な負荷をかけることになるということがあるためです。
これらの嗜好品というのは、喉に負担をかけるのですが、日常的に負担を掛け続けることで、炎症をお越します。
炎症が続くと、喉の粘膜がどんどん荒れてくるのですが、この荒れに乗じて、喉にポリープが出来ることがあります。
このポリープと言うのは喉の癌の原因の一種になります。

スポンサーリンク

必ずしも、喉のポリープが悪性と言うわけではないのですが、嗜好品を日常的に使用している方というのは、この喉の癌になる確率というのは、非常に高いです。
また、喉の炎症や腫れが常時続くことで、声も徐々にかすれていくことがあります。
みなさんは、「酒焼け声」というものをご存知ではないでしょうか?
強いアルコールやアルコールを日常的に摂取している方に多いのですが、女性でも、お酒を飲み続けることで、声がハスキーに変わってくると言うことがあります。
また声がかすれて、炎症が同時におこることでだんだんと声がでなくなっていきます。
このような症状が出た場合には、病院に行けばいい!という考えではいけません。
病院に行って炎症しずめる処方箋をいただいても、根本の嗜好品を絶たなければまた、この症状というのは継続します。
そして、喉の癌になった場合には、声帯を取り除くと言うこともありますので、これは声を失うと言うことにもつながります。
また進行状態によっては命に関わると言うこともありますのでできる限り、この2つの嗜好品にかんしてはやめるように努めて下さい。

スポンサーリンク