MENU

喉の腫れの病気「レミエール症候群」とても怖い病気なんです!!

スポンサーリンク

喉の腫れの症状というのは様々な原因があります。
そのため、比較的に軽少な病気から、重度化する病気まで様々あります。
一言で喉の病気と言っても原因や症状、病気と様々ありmす。
今回はその中で「レミエール症候群」という病気について説明をしていきたいと思います。
皆さんはこの病気をご存知でしょうか?あまりなじみが無いという方が多いかもしれませんが、この病気は非常に怖いものなんです!!
ではこのレミエール症候群について説明をしていきたいと思います。
レミエール症候群はレミエール病とも呼ばれる病気です。
「菌血症」による感染性血栓性頸静脈炎である疾患群のことを言います。
まずこの菌血病ですが、通常の人間の体の血液というのは無菌です。
しかしながら、何らかの原因によって血液中に細菌が入る込むことでこの菌血病になります。

スポンサーリンク

この病気というのは、比較的に若い方に見られる病気でもあります。
喉の病気と言えば、扁桃炎、咽頭炎がなどが有名な病気でありますが、この病気に続いて発症することが多いと言われています。
また、初期段階の症状と言うのが、風邪や咽頭炎、気道炎といった喉の炎症の病気と類似していることで、識別が難しいとされる病気でもあります。
症状としては様々あり、静脈の血栓性閉塞を確認することができ、咽頭の感染症の病巣の血管壁から、落ちた血栓が血流に乗ることで、血栓が肺に来ると肺塞栓症を起こします。
また咽頭部の感染が進むことで菌血症となり「肺膿瘍、脳膿瘍、臓器の膿瘍」を引き起こすこともあります。
医学が進んでいる現在でも、死亡率は10%に上り欧米では「死の病気」と呼ばれているほどです。
「フソバクテリアム・ネクロフォラム、腸内細菌、歯周病菌」といった短な細菌によって引き起こされる病気でもあります。
初期の症状としては、上記にありますが、38度ほどの熱で風邪などと同じような症状が起こります。
また、喉の腫れがひどく、咀嚼障害がおこることもあります。症状が進行していき、肺に及ぶことで呼吸困難を起こすこともある病気です。治療にはペニシリンのような抗菌薬を主に使用します。
単なる風邪だと思い放置した結果が命に関わる事もありますので、喉の腫れが続く場合には早期に治療を始めるように心がけてください!
どの病気であろうと、違和感の原因を突き止めるために医療機関に行くことは大切です。
忙しい、時間がない、体が疲れているなど色々な理由があるかもしれませんが、今後の自分の人生が変わる可能性もあるかもしれませんので、医療機関を尋ねるようにしてください。

スポンサーリンク