MENU

扁桃腺の役割と働きってどういうもの?

スポンサーリンク

皆さん扁桃腺もしくは扁桃と呼ばれるものについて、どれくらいしっていますか?
腫れる場所、痛みが発生する場所、というような認識に方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?これはもちろん正解です!!
上記は正解ではあるのですが、これは扁桃腺の炎症に関する症状についての事ですよね?
ではでは、この扁桃腺の役割と言うものがどのようなものなのか?この質問なると、解答が出来る方が極端に減ってしまいます。
今回はそんな「扁桃腺の役割」について説明をしていきたいと思います。
扁桃腺というのは、喉に位置しています。
喉と言っても首の上部になるので、口を大きく開くことで確認をすることが出来ます。
また、口から指を入れれば触れることも出来ます。
このように、意外と短な場所にあるのが扁桃腺ですが、口の奥に左右対処に2つあります。
もっと簡単に言うと、ベロ(舌)の付け根近辺にコブのような物があるのですが、この部分の左右です。
では、この扁桃腺の役割について説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

扁桃(※以後、扁桃腺)というものは、口や鼻から侵入してきた病原菌が体の内部に入りこないように防御をするという役割を持っています。
しかし!!ここでひとつ注意すべき点があるのです。それは・・・

扁桃腺の役割というのは、免疫力の弱い子供の時代に限るんです!!

扁桃腺というのは、成長するにあたってだんだんと大きさが小さくなっていきます。
もちろん、中には大きさが変化しないという方もいらっしゃるのですが、ほとんどの方が小さくなっていきます。
そして、成人になると縮小も落ち着きます。
これは、成人になるにあたり免疫の機能が完全に出来上がったという事になります。
幼少期や子供の時には、扁桃腺がになっていた免疫機能も、成人になることで、体内のリンパに切り替わって行きます。(幼少期もリンパに頼りますが、免疫力が低いです。)
成人になることで、この扁桃腺というのは役割を完全に終えてしまうかと言うとそういう訳でないないのですが、扁桃腺自体の大きさも縮小することで機能自体は非常に低い状態になります。
そのため、扁桃腺が頻繁に腫れる方というのは医療機関で扁桃腺を切除します。
これは、成人になることで扁桃腺の役割が低下しているという事があるためです。

スポンサーリンク