MENU

扁桃腺の腫れの効果的な治す方法とは?

スポンサーリンク

扁桃腺というのは喉の奥にあり、、子供のころは大きいもなのですが、成人になるにつれて徐々に小さくなっていくものです。
また、常在菌がいて、喉や鼻から、侵入した細菌やウイルスから体を守ってくれるという事もおこなう重要な器官でもあります。
さて、この扁桃腺なのですが、時に非常に腫れ上がってしまうと言うことがあります。
これを「扁桃炎や扁桃腺炎(両方同じです。)」といいます。
この腫れの正体というのは、扁桃腺に住んでいる、「常在菌」なんです。
この常在菌によって、自らが炎症をお越して腫れ上がるというものなのですが、さらに高熱を出したり、耐えられないほどの痛みに襲われることもあります。
また人によっては年に何ども扁桃炎をお越して、切除すると言うこともあります。
この扁桃腺の腫れを効果的に治す方法としてどのようなものがあるのでしょうか?
医療機関での、処方箋が一番効果が高いのですが、これは言うまでもなく、だれもが知っていることですので、今回はそれ以外の、家庭で出来る方法について説明をして行きたいと思います。
扁桃腺の腫れを治す以前の話になるのですが、この扁桃腺の腫れにならない方法として、まず、「重炭酸塩」のうがいがこうかをはっきします。スポンサーリンク

この重炭酸塩でうがいをすることで、扁桃腺の腫れの原因になる細菌等の感染症を防ぎます。
1日に3回、4回行うと効果があります。
また、ただのうがいでももちろん効果がありますので、試して見てください。
扁桃腺が腫れた場合に、重要になるのが食べ物です。
これはほかの病気でも重点を置く部分でもあるかと思いますが、扁桃腺の場合にはどのような物がいいのでしょうか?
「柑橘系の果物」が効果的です。

これは風邪と同じですね!!
種類をあげると「オレンジ、みかん、グレープフルーツなど」これらの果物には、ビタミンCとビタミンEが多くに含まれています。

ビタミンCは免疫力を高めて、ウイルスにさらに感染して、症状悪化を防いでくれます。
ビタミンEが抗炎症作用という作用があり、扁桃腺が炎症しているのを抑えてくれます。

※他にも、緑黄色野菜、トマト、マンゴーも扁桃腺の腫れを治すのに効果的です。
また漢方薬を使用するという方法もあります。
「葛根湯(かっこんとう)小柴胡湯(しょうさいことう)」が扁桃腺に効果的と古来から言われています。
また、喉の乾燥を防ぐというのも、重要な対策になります。
喉が乾燥している状態ですと、細菌などの進入を許してしまうということもありますし、せっかく扁桃腺の腫れがよくなっても、喉を傷付けるということで症状が悪化してしまうということもあります。
また、免疫効果を高めるという一番の方法はしっかりと睡眠をとる!
これは疲れによって免疫効果が落ちている時に扁桃腺炎が起こりやすいということもありますで、睡眠によって、体の疲れをとりしっかりと体力を回復するようにしてください。
これらが、扁桃腺に効果のあるものなのですが、やはりこれだけではなかなか治りにくいという現状があります。
そのため、医療機関の処方箋とあわせて試してみると効果が高いかと思います。
1点注意をあげると、漢方薬は、特に、薬の相性によっては効果を低下させてしまうことがありますので、医療機関で、薬と食べ合わせなと聞いてみるといいかと思います。

スポンサーリンク