MENU

喉頭がんの特徴は、咳と声です!!

スポンサーリンク

喉頭がんはのどの中にできる「ガン」ですが、その特徴として、初期症状が比較的わかりやすいということで、ガンの中では比較的治りやすい癌といわれています。
とはいっても、初期症状が分かっていても、この症状が自覚できなければ、他のがんと同じように症状が深刻になっていきます。
そして、その症状が転移した場合には、同じく生存率が低下していくと言うことにつながりかねません!
喉頭というのは上部から「喉頭蓋、仮声帯、喉頭室、声帯、声門下腔」という順になっています。
この部位にできるガンをまとめて呼ぶことをして喉頭がんといいます。
発症部としては、「声帯がん 約60%、声門上がんが35から40%、声門下がんが数%」の割合になっています。
こ喉頭がんの咳というのは、症状の中でも、特に初期から起こり、なおかつ特徴的なものとして挙げられるものです。
また同じく、かすれ声も初期症状として上げられています。

スポンサーリンク

このかすれ声などは、大声を出したり、風邪をひいても起こりがちな症状ではあるのですが、この場合には、1週間くらい続けてずっとかすれ声の場合には、初期症状として疑ってよろしいかと思います。
また咳自体も、かすれ声と同じように他の風邪や肺炎、インフルエンザなど様々な症状とかぶるものでもあります。
この咳も、長期間続いているという場合には注意が必要です。
また、痰に血が混じる場合には、がんの初期症状と言えるものです。
このガンというのは97%の方が喫煙をされていると言うことで、喫煙によってもたらされる事がよく理解出来るかと思います。
喫煙者全員が発症者では、当然ないのですが、このガンの他にも、様々な病気を引き起こす原因としてあげられるものでもありますので、出来る限りは禁煙に務めるようにしましょう。
簡単に初期症状を他にも上げるのであれば、息がしずらい、喋りづらい、異物があるような気がするというのは、症状として挙げられるので、この場合には医療機関での検査をするようにしてください。
何事も早期に発見されることが大事なので、自分の未来のためにも不安を感じたら医師に相談をするようにしてください。

スポンサーリンク