MENU

扁桃腺炎は移ることはあるの?ないの?

スポンサーリンク

冬場や季節の変わり目というのは色々な病気に掛かりやすい季節です。
また仕事や家庭で疲労が蓄積することで、免疫が落ちるなどするとこれも病気になる原因になります。
そのなかで、特に冬場に多く感染することが多いのが、「急性扁桃炎」です。
これは、文字通りの扁桃腺の炎症の病気なのですが、扁桃腺というのは、そもそもが、ウイルスや細菌といった体に悪影響を与える異物をガードするというとても重要な役割を持っている機関でもあります。
この扁桃腺というのは、子供のころには大きく体に貢献する器官です。
これは、子供の場合には免疫や抵抗が出来上がっていないと言うことも関係しているのですが、大人になるに連れてだんだんと大きさが小さくなっていく器官です。
扁桃腺炎を起こすと、初期症状として「喉の痛み、腫れ、飲食が取りにくい」という事が起こります。
そして、症状が進行すると、「40度前後の高熱、喉の激しい腫れ痛みにより飲食が出来ない、体がだるくなったり、頭痛」というような症状が起こります。
この症状というのは、風邪に似ているものでもありますので、違和感としてあまり初期の段階で風邪との違いに気づかないと言うこともあるかもしれません。
とはいえ、この扁桃腺炎というのは、風邪の原因となる細菌やウイルスによって引き起こされている炎症でもあるので、似た症状がでるというのは当然なことなのかもしれませんね。
では「この扁桃腺炎というのはうつるのか?」ということについて説明をしていきたいと思います。
扁桃腺炎というのは、冬場に多く起こる症状です。
そしてこの原因となるのは、細菌やウイルスといった感染するものです。
みなさんもご存知の通り、風邪やインフルエンザというのは、感染をするものです。
ですので、特に空気が乾燥している季節である秋の終わりから冬の間というのは、風邪やインフルエンザというのは大流行をします。

スポンサーリンク

毎年、この病気というのは大流行やパンデミック(集団感染)を引き起こすことで有名なものです。
では「扁桃腺炎も同じように大流行をおこすんでしょ!!」とおおもいかもしれませんが、実はこれは違うんです!!
確かに扁桃腺炎も冬場に流行しますが、これは風邪やインフルエンザといった細菌やウイルスが流行しているからというだけなのです。
扁桃腺炎というのは、扁桃腺の炎症でありこの症状自体(炎症)が他の方にうつると言うことはないんです!
しかし、原因である細菌やウイルスというのは、感染するものなので、拡散をしていきます。

扁桃腺炎というのは、この感染系の異物が広がり、扁桃腺に炎症をお越して荒らしている結果であり、扁桃腺炎自体は移ることはないんです。

簡単に治療方法について説明をしていくと、この扁桃腺炎というのは、「抗生物質」を処方することで劇的に回復をします。
しかし原因である、細菌やウイルスを駆除したからといって扁桃腺自体の炎症がすぐに治まるというわけではありません。
そのため、炎症が完全に治まるまでの期間としては1週間ほど見ておくといいかと思います。
この症状というのは非常に痛みが強く、唾を飲むだけの状態でも強い痛みを起こすこともり、顎を動かしても痛みが出るという、涙が出るくらいの痛みがでる病気です。
そのため、初期の段階で治療を行うことで症状がひどくならずに対処できますので、様子を見ようという考えではなく、早期に治療しようという考えで居てもらえればいいかと思います。
特にお子様に多い病気でもありますので、親心としても心配になるかと思いますが、しっかりと子供の面倒を見るようにしてあげてください。
また感染自体のリスクは無いと言うことも把握するようにしてください。
ちなみにこの扁桃腺炎には「急性扁桃腺炎」「慢性扁桃腺炎」の二種類があるのですが、どちらも感染のリスク自体はありませんのでご安心ください。

スポンサーリンク