MENU

喉のできものが痛い!原因は?

スポンサーリンク

喉というのは、色々な事で腫れや炎症を起こすものです。
今回は喉に発生するできものについて説明を致します。
原因に関してはたくさんあるのですが、「風邪、ポリープ、咽頭炎、扁桃周囲膿瘍、花粉症、口内炎、リンパ、ガン、膿栓」などこのほかにもさまざまあります。
喉のできもので「膿栓」と言うものがあります。
この膿栓は別名「臭い玉」という名称がありその名の通り非常に臭い匂いがします。
口臭の原因にもなり、冬場におこることが多いです。
虫歯や扁桃腺が腫れやすいと言う方は出来やすい傾向になります。
冬場の風邪やウイルスが発生原因とも考えられています。
続いてが「リンパ」です。
喉の奥が狭く感じて、赤いできもの状態でしたらリンパがはれている可能性があります。
喉の奥が腫れている原因で多いのがリンパの場合が多いです。
また風邪やウイルスや細菌によって、粘膜が炎症をお越して、充血することで真っ赤に腫れてしまうことがあります。

スポンサーリンク

上記で喉の奥の腫れの事で「リンパ」について触れましたが、他の原因もあります。
これは「扁桃腺」の腫れが原因の場合です。
この場合に熱や痛みが激しい場合には「扁桃炎、 扁桃周囲膿瘍、咽頭炎」である可能性が高いので早期に医療機関で検査を行うようにしてください。
続いてが、「口内炎」です。
口内炎と言えば歯茎や口の中に出来るイメージが強いかと思うのですが、実は「喉の口内炎」と言うものがあります。
続いてが「風邪」です。
これは風邪に限らず咳が出る病気ではよくあることなのですが、咳の症状がひどい場合には、喉が炎症をお越して、腫れ上がるという事があります。
まだ続きます。続いてが「ポリープ」です。
これは原因は様々あり、悪性と良性と分かれるので判断に関しては医療機関での精密な検査を行う必要があります。
もしも悪性である場合には、生活に弊害をもたらすことが大いにありますので早期の検査を行うようにしてください。
これらが喉の出来物の原因になる物ですが、個人では判断ができないものが多いので、気づいた時点で医療機関での検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク