MENU

喉頭がんはいくつから発症する病気なのか?

スポンサーリンク

ガンと言う病気を知らない方はいらっしゃらないかと思います。
そして、ガンと言えば=命に関わるという認識の方もいらっしゃいます。
そのため、ガンに関しては注意を払う必要があるということの他に知識を持って居なければいけないものです。
喉のもいくつかガンがあるのですが、「喉頭ガン」と言うものについて触れていこうと思います。
喉頭というのは喉仏の事をいい、食道と気道が分かれる場所に気道の「誤嚥防止」として靴られた器官で、下咽頭の前にあります。
気道の確保をするといのが役割で口と肺を結ぶ通路で、食べ物が肺に入らないよう調節(誤嚥防止)します。
他の役割としては、声を出すと言うことです。咽頭の中には、声帯があります。
これは声を出すのに重要な器官であり、みなさんもご存知だと思います。
この口頭ガンが発生しやすい年齢としては大体60歳以上の方に発病することが多い病気です。
この病気は男性が10に対して女性は1と言うように男性がに非常に症状がおこることが多いです。
危険因子に関しては、特にアルコール飲酒とタバコになります。

スポンサーリンク

これらを日常生活で嗜好品として利用することで、継続的刺激を喉に与えることでガンになるということで考えられています。
この喉頭がんですが、大体が60歳の方がなることが多いのですが、ヘビースモーカーの方ですと40歳からガンになるという方もいらっしゃいます。
基本的には40歳以上から病気ではありますが、若いうちから、危険因子を減らすことで口頭がんのリスクと言うのは減少します。
喫煙が原因の90%を占めていると言われており、特に危険因子として注意が必要なものとなっています。
禁煙をすることで、喫煙をしたことのない人ほどの発症率には及びませんが、禁煙をすることで喫煙者に比べて大きく発症率が減少します。
喉頭がんというのは、他のガンに比べると死亡率は非常に低いのですが、転移というリスクがあります。
喉にはリンパが通っていますので、リンパを経て他の器官に転移するということもあります。
また声帯は非常に大事な部分ですので、生活に大きな影響が出ますので早期の治療をおこなようにしてください。

スポンサーリンク