MENU

喉仏の横の痛みは原因がいくつも考えられます。

スポンサーリンク

喉の痛みというのは煩わしいものです。
しかしんがら、この喉の痛みというのは、様々な体のサインとも言えるものなのです。
そのため、喉の痛みによって、軽度な病気から重度な病気や疾患を見つける事も出来るくらいです。
ですので、喉の痛みと言うのは軽視することが出来ないという部分があります。
今回は「喉仏の横が痛い」という症状について説明をしていきたいと思います。
まずまずの喉仏の横の痛みで考えらるのが、「扁桃腺」の腫れではないでしょうか?
扁桃炎というのは扁桃腺に細菌やウイルスが入る込むことで起こる炎症なのですが、この際に、喉の周りが腫れ上がるということがあります。
続いてが、「ストレス、疲労」です。
これはどちらかとうと、疲労の蓄積が大きいかと思います。疲労がリンパ腺に溜まることで腫れることがあります。
この上記の二つに関しては、原因を解決することで症状が治ると言うことがあるので大きな心配は基本的にはありません。

スポンサーリンク

続いてが「リンパ腺」の腫れです。
この場合には、他の病気による影響がでかいかと思います。
リンパ腺が腫れる場合には、耳の病気の影響を受けることがあります。
「外耳炎、中耳炎、内耳炎」というのは耳の病気であり、リンパは耳の横を通っています。
そのため、耳の病気が悪化することでリンパが腫れることがあります。
また、歯周病などの場合にも同じくリンパ腺が腫れると言うことがあります。
これらの場合ですと、症状がわかるのでいいのですが、これが「ガン」の場合ですと非常に深刻な事になりかねません。
というのは、がんというのはリンパを経て転移すると言うことがあります。
そのため、リンパの腫れがあった場合には、早期に医療機関に行くということが大事になってきます。
そして「甲状腺」こちらも腫れを起こす原因になります。甲状腺はホルモンを生成する非常に重要な場所です。
そのため、こちらが腫れているという場合には、体全体に影響が出ることが多いです。
そして、甲状腺もガンになります。
甲状腺の病気というのは全体的に生活に支障を起こす物が多いので注意が必要です。

 

これらが喉仏の横の痛みで考えられる原因ではあるのですが、実際に張れて痛いと言うことで、原因はなんなのか?というのは素人にはわからないものだと思います。
特に、リンパや甲状腺が原因の場合ですと、早期の治療が好ましい物が多いので、医療機関での検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク