MENU

喉に悪臭の違和感「膿栓」とは!?

スポンサーリンク

喉に違和感を感じるということで、よくよく調べると「膿栓」が出来ていたと言う方がいらっしゃいます。
膿栓(のうせん)という名称をご存知でないかと沢山いらっしゃるかと思います。
しかし、自分では気づかないうちにこの膿栓というのが出来ているという方もいらっしゃいます。
ではこの膿栓についての説明をしていきたいと思います。
この膿栓というのは別名「臭い玉」と言われており、その名のとおりにものすごい悪臭を放つ塊です。
膿栓は、咳をしたときなどに喉の奥側から出てくることがある小さな塊です。
上記にも記載はしておりますが、潰すと悪臭がします。
また、「扁桃栓子」「扁桃結石」とも呼ばれています。
原因としては、喉の奥にある扁桃腺には侵襲してきた、細菌やウイルスを駆除するという役割があります。

スポンサーリンク

扁桃腺の表に「腺窩」と呼ばれる小さな穴があるのですが、「剥脱上皮、リンパ球、白血球、細菌塊、炎症性崩壊産物、脂肪酸、コレステリン、燐酸石灰、食物」が溜まることでこの膿栓が形成されます。
大きさは直径3?5mm程度、色は薄い黄色、黄緑色、乳白色をしており、潰すと下水道が匂い、肥溜の様な強い悪中を放ちます。
この膿栓は誰もが形成するという事があり、体の中に蓄積してしまう人や、咳で排出してしまうという人と様々いらっしゃいます。
特に、細菌やほこり、ちりが舞い上がりやすい冬に形成されやすい傾向になります。
この膿栓というのは、他にも、口臭の原因になります。
特に扁桃腺に蓄積している人の場合ですと、歯周病といった歯の病気に該当しない場合にに、きつい口臭を感じた場合には、膿栓が形成されている可能性がたかいです。
この膿栓の形成を防ぐためには、口腔ケアを行う必要があり、うがいをよく行うと形成に歯止めをかけやすいです。
またお茶のカテキンによって細菌を除去するということも出来ます。
またあまりにも頻繁に出来る方などですと、扁桃腺を除去することで、膿栓の生成自体を止めてしまうと言うこともあります。
だれにでもできるこの膿栓なのですが、形状、体質によって出来やすい方とそうでない方がいっらっしゃいます。

スポンサーリンク