MENU

喉が乾くのはなぜ?喉の乾きに関する病気について!

スポンサーリンク

人間誰もが喉が乾くという現象になったことがあるはずです。
当然ながら、そんな経験したことないよ!と言う方は居ないはずです。
これは人間の自然な現象なのですが、人間というのはなぜ喉が乾くのでしょうか?
また喉の乾きにまつわる病気も重ねて紹介したいと思います。
ではまず、喉が乾く原因とはいったいなんなのでしょうか?
人間の体というのは体の半分以上が水分で出来ています。
そして、そのたった2%が減少しただけで脱水症状の症状が表れます。
水分と一緒に重要になってくるのが、「塩分濃度」なのですが、血液中の水分が減少すると、脳は、細胞内にある水分を血液にわりふるような命令を出します。
この時に、「喉が乾いている」という命令を一緒に出します。これによって、人間は飲み物を飲みたい!という衝動が起こります。
そして、血液の水分量が元の状態に戻ると、その命令も停止されます。
上記で脳は水分の量を減少すると命令を出すと書いていますが、判断基準というは、血液に含まれている塩分濃度になります。水分が減少すると塩分濃度が上昇します。

スポンサーリンク

これによって、体が水分を必要としているのかどうかの、脱水しているという判断を行います。
しかし実は脳が感知しているのは血液の水分量ではないのです。脳は血液の塩分の量を感知しています。水分が少なくなることで血液中の塩分濃度が上がると、脱水と判断し喉が渇く指令を送るのです。
続き巻いて、喉が乾くことで、気になる病気について説明をしたいと思います。
糖尿病

これは有名な症状かもしれませんが、糖尿病にナルト、腎臓が血液に含まれるブドウ糖を外に出そうとします。そのため、頻尿になるという症状もあるのですが、体の水分量が減少して喉が乾くと言うことが起こります。

自律神経失調症と更年期障害

これは、原因として同じような物があるのですが、自立神経に異常がおこることで、唾液の調整がうまくできなくなることで、喉が乾くと感じることがあります。
また更年期障害というのは、ホルモンバランスが崩れるものなのですが、ホルモンバランスが崩れることで、自律神経に異常を起こすことがあり、自律神経失調症と同じ症状が表れます。

シェーグレン症候群

これは、唾液を出す、「唾液腺」に異常が起こる病気です。この病気により、唾液の分泌が減少して喉が乾くと感じることがあります。

腎疾患

これは腎臓の機能が低下することで、頻尿になるのですが、この原因は腎臓が尿を濃縮するという機能が正常働かないことで起こります。
トイレの回数が増えることで、体の水分量が減少するので、喉が乾きます。

スポンサーリンク