MENU

喉のポリープの自覚症状ってどういうものがあるの?

スポンサーリンク

喉に起こる症状の一つとしてあるのが「声帯ポリープ」です。
ポリープと言えば腫瘍と言うことで怖いイメージがあるかもしれません。
今回はこの声帯ポリープについて説明をしたいと思います。
声帯ポリープというのは、声帯に強い刺激や、炎症がおこることで発症します。
これは、粘膜の皮下に出血がおこることで、粘膜の下の血管が破れることで起こります。
これにより、血腫や腫瘍という症状が起こります。
主な原因としては、喉の使いすぎが多いのですが、例えば、「大声を出したり、怒鳴ったり、カラオケ」といった意外に短な事が原因でおこることが多いです。
また、声を発声をのぞく原因としては、「飲酒や、タバコ吸う、特に喫煙の期間が長い」と言う方は注意が必要です。
これらは、喉に負担や刺激を与えることが多いので、日常から摂取することで喉の負担も次第に蓄積していきます。

スポンサーリンク

ではこの声帯ポリープというのはどのような自覚症状があるのでしょうか?

普段の声が出ないと言う症状や、ハスキーボイスが症状として起こります。
また、声がかすれると言うことが多い、また普段の会話でもかすれたような声しかでない。
喉の違和感や、物が詰まっているような違和感や、声を発したときに違和感を感じたり、日常的に痰がからむといったと症状

声帯ポリープの特徴としては、「咳」が出るということがあります。
この咳と言うのも様々なのですが、カラオケによく行く方や、会話、大きな声を出すことが多いと言う方は多く症状をお越します。
そして、咳が日常的に出ている時は、声帯ポリープが出来ている可能性が高いともいえます。
声帯ポリープというのは、医療機関に行けば、簡単に判断することが出来ます。
目視による確認の為を行います。また、ポリープを一部を採取することでこのポリープが良性なのか悪性なのか判断を行います。
特徴の中で、ハスキーボイスと声のかすれと言いましたが、普段の声から声が高い方と言うのもいらっしゃいます。
この判断としては、声帯ポリープが発症している場合には、どの音域の声を出してもかすれていると言うことで判断を行うことが出来るのですが、素人での判断は難しいかと思います。
これは、日常の中で声がかすれると言うことや、喉のちょっとした異常で声がかすれるということがあるために、違和感として気づきにくいということがあります。
喉の詰まりを感じるような違和感でなおかつ声のかすれを感じる場合で医療機関に行くと言うことが多いようです。
ポリープというのは癌と言うこともありますので、少しでも違和感を感じる場合には早期に医療機関での検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク