MENU

強烈な喉の痛み溶連菌とは!?

スポンサーリンク

喉の痛みが起こる病気というのは様々ありますが、今回は「溶連菌」について細かく説明をしたいと思います。
主に子供に多く起こる病気でもあるのですが、もちろん大人にも起こる病気です。
この症状というのが、ものすごく喉が痛いということです!!
喉が焼けているかのような痛みです。
この溶連菌とは、「溶血性連鎖球菌」というのが正式名称になります。
主にかかりやすい人としては、免疫の低下、妊娠中の方、子供がいらっしゃる方に多く発症する病気です。
溶連菌感染者が咳やくしゃみなどをしてうつる飛沫感染と手など触れたものが菌が口に入る経口感染や皮膚からの接触の感染といろいろな感染経路があります。

スポンサーリンク

症状は、強烈な喉の痛み、高熱を出す、手足に発疹が起こる。
下にぶつぶつがおこり白く見える。頭痛、腹痛、リンパの腫れ、手足の皮がむけてくる。
症状としてはかなりの数があるのですが、これらが主な特徴になります。
発疹が起こりその後に発熱が起こります。
風邪などとは異なり、鼻水が出ないというのが特徴です。
潜伏期間としては、2日から5日程度で症状が現れます。
症状を感じたら、溶連菌かどうかの検査を必ず行うようにしてください。
これにより、使用する治療薬というのがことなります。
とくに溶連菌はペニシリン系の抗生物質をしようするので、これにより症状の改善が大きく異なります。
高熱と(大人の場合は高熱が出ない場合もあります。)のどの痛みから栄養不足や脱水症状を起こすことがありますので、必ず、水分補給と電解質などスポーツドリンクといったものを摂取するようにしてください。
溶連菌感染症はほかの合併症につながるおそれがあり、場合によっては命に関わる可能性もありますので、注意を払うようにしてください。
溶連菌というのは、それ単体でも症状がいくつも起こるのですが、合併症の感染にリスクもありますので、喉に違和感を感じた際には、医療機関での治療を行うようにしてください。
たとえ、溶連菌でなくとも、喉の痛みの正体がわかるということは、本人として安心ができることなのでぜひ診察をうけるようにしましょう。

スポンサーリンク