MENU

喉の薬カロナールの注意点について

スポンサーリンク

医療機関にいくと、ほとんど必ずといっていいほど処方箋をいただきます。
この処方箋、みなさんはお医者さんが考えて出しているからと服用されていることがおおいと思いますが、その薬がどのような効果を持っているのか知っていますか?
あまり、自分が使用する薬について調べるという方は実はそんなに多くいらっしゃらないという現状があります。
今回は風邪や喉の痛みといった症状に処方される薬でカロナールというお薬がありますが、この薬の注意点について触れていきます。
この薬は、主に解熱鎮痛剤として用いらるのですが、この薬というのが非常に効果が弱いと言うことがあります。
効果が弱いということは、その反面として体にとって安全と言うことがいえます。
そのため、妊娠中の方が使うことを許されている薬でもあるんです。
そんな、カロナールですが、痛みを和らげる効果として使用され、頭痛、歯の痛み、生理痛といったモノにも効果があります。
同じような効果としてロキソニンがありますが、こちらよりも、カロナールは効果は弱いとされています。
また皮膚の血管を拡張させる効果もあり、これにより熱を外に逃がして、解熱をさせるという働きをします。

スポンサーリンク

カロナールはあくまで、鎮痛剤ですので、病気の根本の原因を治療する薬ではありません。
そのため、病気の際に効果がないじゃないか!と言うことで、多く服用するという方がなかにはいます。
もちろんこれは間違った使い方です。
これは、カロナールが病気の原因に作用があると感じている方に多く、どのような薬かを知らないということが原因かもしれません。
このカロナールはアセトアミノフェンというのが主成分となっています。
ここで注意をしていただきたい副作用ですが、大量摂取は中毒死を招くおそれがあります。
特に幼い子供は体が小さい分余計に影響を受けやすいので注意が必要です。
また、肝障害、血小板や白血球の減少、嘔吐や寒気を起こすことがあります。
特にアルコールを普段飲んでいる方ですと、同時の摂取は肝障害につながりやすいということがあります。
さほど、この薬を頻繁にしようするという機会は少ないかもしれませんが、用法と容量に関しては、理由があり決められているので守るように心がけてください。
安全性の強いクスリといえど、その使用方法を間違えれば取り返しのつかないことになりかねないと言うことを理解してください。

スポンサーリンク