MENU

唾を飲むと喉が痛い市販薬で改善できる?

スポンサーリンク

喉の痛みかんしては他の記事にも書いてあるのですが、今回は痛みが強烈な場合にどのような薬が効果的なのかということで書いていきたいと思っております。
喉の強烈な痛みと言えば扁桃腺炎があります。
まずこちらは感染症により扁桃腺が炎症をおこし腫れている状態です。
まず最初に服用するのが、「うがい薬」になります。
扁桃腺炎の原因はウイルスと細菌によるものなので、元凶である細菌とウイルスを減少させるために、うがい薬を使用します。
うがい薬もいろいろあるのですが、イソジンなどの一般的な物を使用してください。
また頻繁にうがいを行うことで菌の減少につながります。
またアズレンという成分が入っている喉スプレーなどもおすすめです。
こちらのアズレンは喉の炎症を抑える効果がありますので、こちらも一日数回使用すことで、殺菌と炎症を沈めるダブル効果が発揮できます。スポンサーリンク

まず基本は、うがいとスプレーになりますね。
続いてが、飲みぐすりになりますがトラネキサム酸が入っているものが比較的効果が高いようです。
こちらは炎症に作用する成分になっています。
またいずれの薬を使用する場合でも、喉の乾燥を防ぐ為にマスクの使用を行なってください。
いくら薬を使用しても、自分自身の環境も回復する方向にもっていかないと症状の改善に向かっていきませんので!!
また市販薬を購入する上での問題になるのですが、金額がかさむといったことがあります。
どうしてもお医者さんで処方される薬に比べてピンポイントで症状を改善し効果が出る薬ではなく、誰でも安心して使用できるのは市販薬なのでどうしても効果が処方箋に比べ弱いです。そのため長期の期間で考えるとコスト的には病院で薬を処方していただいたほうがコストが安く済むということがあります。

自分の症状と相談して市販薬を購入するなど考えてみると良いかと思います。
また数日間、市販薬を使用したのちに、改善が見られないと見切りを付けて病院に診察に行くなど、色々と方法を考えてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク