MENU

のどの痛みと熱中症に関係ってあるの?それって...

スポンサーリンク

夏というのは外出するのにとてもいい季節になります。
海水浴や、旅行、バーべキューと様々なレクリエーションがあり、人生の中でも色々と夏の思い出を持っている方も多いかと思います。
その夏で注意をしたい事が「熱中症」です。
今や熱中症を知らない人が居ないと思いますが、今回は熱中症についての記事を書こうと思います。
まず熱中症というのは体の中の熱を外に逃がすのですが、熱を逃すことうまくできずに体自体が高温になってしまう症状です。
人間は熱くなると、自律神経により血管が広がり、体の表面付近の血管の流れをよくして熱を外に出します。また汗をかく事で熱を奪い体温を下げるといったことも行います。
また汗を大量に書く事により、体の中の水分がなくなり温度調節ができなくなるのと共に脱水症状を起こすことになります。
熱中症を発症すると、大量の汗をかくのはもちろんめまいや立ちくらみ、熱けいれん(筋肉痛や筋の痙攣をお越します。さらに症状が悪化すると頭痛、吐き気、嘔吐が発生します。さらに症状が悪化すると、高体温、意識障害、体の痙攣が始まり、自律神経自体もこわれてしまい死亡してしまいます。

スポンサーリンク

なぜ喉のサイトで熱中症の事を説明しているかというと、熱中症にかかる症状で喉の痛みがあるかという質問が意外にかるからなのですが、実はこれは「夏風邪」が原因になっています。
季節の変わり目というのは特に風邪に掛かりやすいというのですが、温度差が急激になり、体が付いてこない状況で、体力が落ちることにより風邪にかかりやすい状況が出来ます。
またこの体力が落ちた状況で日中の暑いなかにいると熱中症にかかりやすいという状況もあります。
じつはこの二つは関連性があり、体力が落ちて夏風邪を引いてしまうその初期症状の段階で体力が落ちたまま、日中外出やお仕事に行って熱中症にかかってしまうというかたちです。
熱中症自体に喉が痛くなるという症状はないので夏風邪に感染した状態で熱中症になってしまうということ喉が痛いが熱中症かも?と考える原因になっています。

スポンサーリンク