MENU

喉の腫れを治す方法とは

スポンサーリンク

風邪や、タバコ、アレルギーなど喉に影響を与える原因や要因はさまざま沢山存在します。
またその状況が続くことで、生活に支障をきたす方も中にはいるかもしれません。
例えば、喋りたいけど喉が痛くてしゃべれない、カラオケ誘われたけど喉の調子から断ることしかできない。また喉の違和感からか呼吸が苦しいと行ったことが考えられます。
今回は、症状によっては病院に行くのは当然のことなのですが、家庭で自分できる喉の腫れの治し方についていくつか効果があるものを説明したいとおもいます。
季節によっては厳しいかもしれませんが首元を冷やさないと言うものがあります。
冬でしたらマフラーなど着用が出来るのですが、暑い時期ですと、タオル等代用品を使用して首元を冷やさない心がけをしてみてください。
次にうがいですが、ただうがいをするだけではなく、お茶や紅茶を使用してのうがいが効果的です。
このお茶、紅茶には殺菌作用があるので、菌による炎症の場合ですと効果があります。
次に呼吸に気を配ってみるといことなのですが、人によっては無意識にくちで呼吸をしてしまう場合があります。
この場合ですと、ホコリを吸い込んだり、喉が乾燥してしまったりと喉に良くない事が沢山あります。
またマスクの着用をすることで、たとえ口で呼吸をしてしまったとしてもホコリや乾燥から喉を守ることが出来るのでぜひ試してみてください。
また他のページでと上げている喉によい食べ物や飲み物をさんこうにしていただけると、より一層、喉を守るのに一役買って出ることができると思います。

スポンサーリンク

他には、ストレスを溜めないといこと、こちらは意外と自分では気づかない方が多いのですが、無意識に体というのはストレスを溜め込んでしまいがちです。
ですのでストレスを溜めない。または溜めてもそのストレスを消化できるような趣味や、取り組みをおこなってください。
また、大声を出すといこともひかえてください。喉の調子があまり良くないのに大声を出すことにより、喉に負担をかけることになるので必要以上に大声を出さないようにするといいと思います。
喉のを一番痛めるものとして一番多いのが、嗜好品です。
もちろん嗜好品を使用していない方もいるので、その場合には当てはまらないのですが、日常的に「お酒、喫煙」をされている方というのは、喉を常に刺激を与えている状態がつづいていることになります。
ですので、できる限り嗜好品は控えるようにしてください。
また、1週間に1日もしくは半日だけでも嗜好品を絶つという事をするだけでも効果が大きいです。
これをきっかけにお酒やタバコの嗜好品をガムや飴に変えるという方もいるので、是非取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク