MENU

熱、微熱はないのに喉が痛いのはなぜ?

スポンサーリンク

喉の痛みがあるのに他には支障がなく普通に生活を送っているという方もいらっしゃるかもしれません。
しかしその喉の痛みが一体何が原因になっているのかといことで場合によっては大病に繋がるおそれがあるかもしれません。
今回はそんな熱がないもしくは微熱の場合の原因について説明をしたいと思います。
まず考えられることは、熱がない、もしくは微熱が出ているといことで風邪やその他の細菌が体に入り込んで症状が出るまでの初期の段階と言うのが考えられます。
また普段の生活のなかで喉の痛みが続いている場合ですが、まずアレルギーの可能性が考えられます。
この場合ですと、


原因であるハウスダウトやダニ、塵、ホコリという原因自体を遮断することで解決することが出来ます。

ですのでマスクの着用や、加湿器や空気清浄機等を利用してみるのも良いかと思います。
また、喫煙をされている方ですと、特にヘビースモーカーの方ですと喫煙によって喉が乾燥した状態が続いている。
ほかにも、喉が常に炎症をおこしたり、荒れているという状態により熱はないが喉の痛みが発生するということが考えられます。これに関しては原因はタバコ以外考えられないのでタバコをやめるもしくは本数を抑えるといったことで症状が緩和することがあるので
なかなか難しいのですが、挑戦してみてください!

スポンサーリンク

また微熱や熱が無い場合で考えれるのは、ストレスによる胃酸の影響などで粘膜が荒れると言うこと、または疲れにより体の免疫が弱っていて体の働きがうまくいかないことや、感染症の疑いもあります。
また熱がなく喉に痛みを感じることで一番怖い病気というのが

、「喉頭がん」や「胃がん」といった事があります。


この場合ですと、だんだんと症状が悪化していくのでいずれはわかるのですが初期の状態ですと、風邪の初期症状に似ていたりとなかなか病院に行くというきっかけまで発展することが少ないです。また症状が悪化してからですと、ガン自体も進行していることがあるので、長い期間、喉の違和感や痛みが続く場合には、病院で検査をしたほうが好ましいです。

スポンサーリンク