MENU

風邪?喉の痛み?痰から見る症状の判断

スポンサーリンク

風邪や喉の調子が悪いときに食事や飲み物を飲んだり飲み込んだりとした時と言うのは痛みを生じることがありますよね。
また症状が重い場合ですと、唾を飲み込んだりしただけでも激痛が走ったりする場合もあります。
他の記事にも似たような事が書いてありますので今回は内容を痰ということで体調が悪いときの痰についての説明をしたいと思います。
まず痰についてかんたんに触れたいと思います。
痰というのは体に異物、細菌やウイルス、菌、ホコリなどが入った際に包み込み体から排除する為にある免疫機能になります。
痰が異様に多く出る場合はこの異物が体に多くあるのが原因になります。
またこの痰の色ですが、黄色の場合は菌といった異物が体に大量に潜伏しており、身体から排出するために作られます。
また白、透明色の場合は、普段生活しているなかのホコリや煙といったものや、少量の細菌を身体から排出するために作られます。
特に色が

黄色から、茶色に近いもの場合は症状が重いので注意が必要です。

またそのような症状の状態でドラッグストアなどで販売されている市販の薬ですと、症状の原因次第では効果がまったく出ないということもあります。

スポンサーリンク

そのためなかには薬を飲んでいるから様子を見ようと言うことで、病院で診察を受けずに、細菌が肺やリンパ、扁桃腺に回ってしましい、肺炎や扁桃腺炎といった症状に陥る場合があります。
この市販の薬で効力が無い場合というのはウイルスが体の中に入ってしまっている状態がほとんどです。
そのため本来ならば抗生物質を使用することで症状が軽くなるのですが、市販の薬で安心をしてしまい症状が悪化しているのを見逃している事があります。
この場合に、症状悪化から肺炎や気管支炎といった症状に陥ってしましい最悪の場合は呼吸困難などになり死亡してしまうケースがあります。
痰というのは、自分の体の症状を知る基準に成り得ますので色が或場合で症状が発生している場合は必ず病院で医師の診断を受けてください。
また色が濃い場合は深刻な状態に陥っている場合も考えられるので早急に病院に行かれることを望みます。

スポンサーリンク