MENU

喉頭癌による放射線治療の副作用とは

スポンサーリンク

だれもが、病気で死を連想してしまう病気でガンがあります。
医療技術というのはさまざまと進化、発展をしていますが、今だガン自体を確実に治すという技術にはいたっていません。
今回は喉に出来るガン「喉頭ガン」その治療による副作用を説明したいと思います。
まず放射線治療というものですが、放射能というのは大量に浴びると人体に多くの影響を与えるものです。
またこの放射能を浴びることで放射能を浴びた細胞が破壊されてしまうという現象が起きます。
放射線治療というのはこの細胞を破壊するということを利用した治療法なのですが、ガンになった際に、このガン細胞にたいして放射線を照射することでがん細胞を完全に破壊して、他の細胞を傷つけずにガン細胞のみを破壊する、またガンの転移を防ぐという治療法になります。
この放射線を咽頭ガンの部分に照射して治療を行うのですが、やはり放射能ということで副作用がつきまとってきます。
この副作用の症状が下記になるのですが、

スポンサーリンク

「皮膚と粘膜の炎症」が発生します。

放射線があたった部分に関して皮膚と粘膜に影響がでます。
この炎症ですが、治らないと言うことはありませんので安心をしてください。
数箇月も経過すれば下の状態にもどります。

「唾液の分泌に異常」が見られます。

こちらは場所と、放射線を受けた期間にもよるのですが、唾液の分泌自体が少なくなってしまい乾燥した状態が続くというものです。

「骨髄炎、壊死」

こちらは骨自体に炎症の影響がでたり、場合によって骨が壊死してしまう事があります。
しかしながら確実な口腔ケアを行なってからの治療であればこの症状というのは防ぐことが出来ます。

「味覚障害」

こちらも放射線の浴びた期間と量によるのですが、味覚を感じられなくなったり、味覚自体が変化してしまうということがあります。しかしながらこの味覚障害に感じては月日が立つことで普通の状態に戻ってくるので気を落とさずに長い目でみて治療を行なってください。

ガンというのは死亡に繋がる恐ろしい病気です。また治療の進歩を持っても完全に治療をすることが今現在もできてはいません。上記に記載した副作用ですが、医師や病院自体で最低限の副作用で済むような対応もしていますので、治療を行う前に医師と細かいうちあわせを行い不安を払拭して治療に専念できるようにしてください。

スポンサーリンク