MENU

喉の痛みの薬カロナールって?

スポンサーリンク

喉の病気というのは実に様々な原因から発生していきます。また効果のある薬もあれば逆に効果のない薬も存在します。
当然ながら症状とともに、原因にあった薬や治療を行う必要が出てきます。
今回は数多く薬のなかでも「カロナール」という物について説明をしていきたいとおもいますのでよろしくお願いします。
まず喉の痛みをよく引き起こす原因といえば風邪が一番かと思います。続いて扁桃腺炎や咽頭炎などが挙げられます。これらは基本的に空気の乾燥している時期、冬に多く発症する傾向になっています。
上記の病気に感染した場合に「カロナール」という物を処方される事があると思います。
このカロナールですが、役割としては鎮痛剤として使われます。
当然喉の炎症をお越していれば喉に痛みが発生しますのでそちらを緩和させる為にしようするのですが、このカロナールは非常に人体に取って安全な薬になっています。
またこの安全と並行して効果はさほどではないのが現状です。実際、風邪では強烈な喉の痛みを起こすということ自体は珍しいのかもしれません。
また、鎮痛効果の他にも、発熱にも効果があります。

スポンサーリンク

このカロナールは服用してから30分から1時間ほどで効果が出てきます。
効果といっては個人差や症状の度合いにもよるのですが、3時間から5時間くらいが効き目があるようです。
こちらの薬自体は小児科など幼い子供に使用される事がいいのでそこからもさほど強い効力がないことが予想されますね。
また一般的に喘息やアレルギーと行ったものに影響を与えるおそれのある鎮痛剤なのですが、こちらのカロナールにかんしては安心して使用することができます。
そしてこちらの薬の主成分であるアセトアミノフェンなのですが、病院で使用される風薬をはじめ、ドラッグストアなどで市販されている風邪薬にも同じ主成分が入っている場合がありますのでいくら安全と言っても多少摂取は体に対し心配ではあるので双方の摂取は控えていただいたほうがよろしいかと思います。当然のことながら用法、容量は正しく守って使用するのが一番です!!

スポンサーリンク