MENU

大人でも怖い熱と喉の痛みの溶連菌とインフルエンザ

スポンサーリンク

皆さん、普段生活している上で、いろいろと病気に感染したりとあると思います。
それは大人から子供までいつ病気にかかるかわからないのですが、今回は大人になってからかかる、喉の痛みと、熱を発する病気に関していくつか説明をしたいと思います。
まず最初ですが皆さんもご存じの風邪についてですが、一番感染する確率が高い病気でも有ります。
風邪
風邪は原因となる最近が100種類以上存在していて、感染すると、咳、鼻水、頭痛、体のだるさ、熱などの症状があり、比較的短い期間で治療がすみます。
症状自体もそれほど重くなることはありません。しかし、最近が体に回った場合に肺炎の合併症を併発することがあるので症状が重くなる前に治療を行う必要があります。

スポンサーリンク

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが体に入り込み、1週間ほどの潜伏期間を経て、40度の高熱、咳、だるさ、頭痛、関節の痛みが発生します。インフルエンザには数種類の型が存在し、毎年、型が変わったり、進化を遂げています。
症状がひどい場合ですと、死亡するケースもあります。薬を服用すると、数日で症状が緩和していきますが、細菌すべてが体から排出するまで約1週間ほどかかり、完全に完治するまでは他者と隔離し感染経路を断ちます。

溶連菌

溶連菌は特に、免疫力の弱い子供に多いものですが、大人でも免疫力が弱っている場合に感染することがあります。
溶連菌に感染すると、40度の高熱、喉に強烈な痛みが発生する。また発疹が体中に出来て、頭痛、体のだるさがあります。菌が体に入ると5日程度の潜伏期間を経て症状が表れます。

抗生物質を服用することで症状が改善します。完全に完治するまでには3週間ほどかかります。薬の服用により3日ほどで症状が改善していきます。
またこの感染症の怖いところは合併症を併発するおそれがあり、症状によっては死亡するケースがあります。また喉の痛みというのが尋常じゃないほどです。こちらもインフルエンザ同様に感染力の強いため完全に完治するまでは他者との関わりをもたないよう対策を行います。

スポンサーリンク