MENU

花粉症で行く病院とは?

スポンサーリンク

花粉症と言えば春先を思い浮かべると思います。
花粉症自体は、年間を通して、アレルギー症状に反応する花粉があれば花粉症になります、。
この花粉症の症状といえば激しいくしゃみと鼻水です。
症状が重い方になると、目のかゆみや喉の痛みや腫れといった症状も表れたりします。
主だった症状を上げるとしたらやはり鼻と喉に関する部分になるのではないでしょうか。
今回は、のどの痛みについて説明をしたいと思います。
喉の痛みの原因は最近もしくは喉の炎症が原因というのが一般的です。
患者さんの中には、花粉症の状で病院に行った際に、実は風邪により喉が炎症を起こしていると診断される方も多くいます。
そのため、花粉症以外にも発熱や、だるさなどがある場合は病院で風邪の疑いに関しても相談してみるといいと思います。
また花粉に関してはパッチテストというものがあり自分がどの花粉に対して反応を示すのかを知ることもできるので、花粉症の症状がある方は一度、受けてみることをお勧めします。
受診する病院に関しては、「内科」「耳鼻咽喉科」「眼科」などがあげられますので、症状の度合いに合わせて受診してみるといいと思います。

スポンサーリンク

花粉に関しては、アレルギー反応により、気管支炎や咽頭炎といった炎症を起こすことがあります。これが花粉症で喉に痛みを起こす原因です。これは免疫反応なので仕方がないことなのですが、対応としては水分摂取を行う事と花粉を吸わない環境や対策をおこなう。街中を見渡すと花粉の時期には多くの方がマスクを着用していますが、マスクというのは非常に効果的です。また病院に行った際にでる薬も合わせて使用すると効果は絶大になります。
花粉症の薬の使用をすると非常に粘膜が乾燥します。
そのため水分補給と喉を乾燥から守ること対策をしてください。
喉が乾燥するため喉が傷つきやすくなることがあります。
そのほかに鼻うがいというのも効果があるようです。鼻うがいを一般的に行う場合は、食塩水を作り鼻で吸い込み洗うというのが一般的なようですが、人によってはゴマ油やオリーブオイルといったもので洗浄して効果があったという話もあったりします。

スポンサーリンク