MENU

喉の痛み 咳 治らないのはなぜ?

スポンサーリンク

喉の痛みや咳というのは沢山の原因があります。
また中には症状がなかなか改善されないものがあります。
今回は、喉の痛みや咳が治らない原因となるものいくつか上げてみますのでさんこうにしてください。

 

症状による考えられる原因

 

 

アトピー性が原因

アレルギー性鼻炎などの方が鼻炎は治ったが、アレルギーの症状で咳だけが止まらずに引きずってしまう。
アレルギーを持っている方というのは、ちょっとしたことが原因になり咳や鼻炎の症状が出てしまいます。
また喉頭アレルギーと言うものもあり、ハウスダストや空気の悪い場所や花粉に反応して咳や鼻炎の他に喉が腫れるといった症状が見られます。

 

風邪

風邪というのは実は1つのウイルスが原因ではありません。100種類以上のウイルスにより風邪の症状がでます。
話がそれましたが、風邪が自体の症状が改善したが、咳、喉の痛みだけが残ってしまうということがあります。

スポンサーリンク

気管支炎喘息

咳が長く続く原因として喘息は多く名前が上がります。喘息自体は完全に治るという事がないので、ちょっとした原因で発作的に咳が出たり、症状が持続することがあります。喘息自体症状が重いと命に関わることがあるので、咳があまりにもひどい場合には病院で診察を受けた方がいいです。

 

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患別名COPDと呼ばれています。この疾患は気管支が炎症で腫れ上がってしまう事により呼吸がしづらくなることがあります。
また肺の細胞が壊れてしまい、最悪の場合は酸素ボンベを常時持ち歩いて生活をすることになります。またいちど発症すると症状が改善するとはありません。この原因は、空気の悪い空間に長くいること、長年の喫煙が原因になります。運動自体もすることができず、少しうごくだけで疲れてしまったり
呼吸困難になるなどとても辛い疾患です。

 

肺がん

肺がんはかすれたような咳がでるのが特徴で、咳がいっこうに治らないということです。また肺というのは細かい細胞があるため感染をすると治療自体が難しい病気になります。そして、この病気自体を発見すること自体も難しく、たいていの場合発見されるのは症状が進行してからと言うことがおおいです。初期での発見は、人間ドッグなどを受けて早期発見することが一番の近道です。

 

百日咳

最近が気管や粘膜に感染し、咳が持続します。主に免疫など抵抗力が弱い状態で感染します。
重症化まではいきませんが、咳が長く続くので体力などが奪われていきます。

 

マイコプラズマ肺炎

咳が一日中出るのと共に、朝や夜に、発作的に強い咳が発生するのが特徴です。感染力が非常に強く、一度最近が体に入ると急激に数を増やし咳が止まらなくなります。主に秋から冬に流行します。

スポンサーリンク