MENU

唾を飲むと喉が痛い 右側 左側違いは?

スポンサーリンク

喉の不調により、原因や症状というのは千差万別に存在します。
また喉の痛みや腫れも強さ弱さがあると思います。痛みの発生場所が右側と左側どちらで発生したかによって症状に違いがあるのか?といった考えを持っている方も中にはいるかもしれませんので今回は左右による痛みや腫れにより原因というに差があるのかとうことにクローズアップしてみたいと思います。
まず答えを行ってしまいますが、左右どちらかが痛みが強い、もしくは片側だけ痛みが発生していることによる原因のちがいというのはありません。
これは原因はいくつかあるのですが、まず肩こりや、首のこりといったことから痛みを強く感じるということが考えられます。
特に肩こりは、血の流れや、使う手が片側だけが特化して酷使することにより発生し喉の痛みや腫れにリンクして片側だけが特に強い痛みが発生するということが考えられます。

スポンサーリンク

しかしながら唾を飲み込んだ際という条件を付け加えると理由としては弱いかもしれませんね。
また細菌による「扁桃腺炎」になった場合、おもに細菌が原因の場合になるのですが、扁桃腺や、リンパ腺が腫れた場合に片側だけが異常に腫れ上がることにより強い痛みを発生することが考えられます。どうしても細菌による症状ですので、均等に最近が分配されて症状を生み出しているわけではありません。
それにより片側に最近が集中してしまい、極度に腫れてしまう、また左右どちらかの部分の強度が違うといったことにより片側だけが強い痛みと腫れを発生させることも考えられます。
また扁桃周囲炎というものあるのですがこちらは片側に「膿」が溜まるという症状もあるので、片側だけが特に痛みが発生するということにつながることがあると思います。
喉の痛みですが、乾燥すると痛みが強くなることが多々ありますので、マスクや水分を摂取することで痛みを抑えたり、弱まったりすることがあるので、薬を使用する以外の対策として使用してみるといいと思います。
どうしても気になる場合は病院で検査を行なってみると今の自分の現状を知ることが出来るので不安な方は受診してみるといいと思いますよ。

スポンサーリンク