MENU

喉の痛みの時の病院は何科?

スポンサーリンク

喉の痛みや腫れ、他にも咳が出た場合に一体どこにいけばいいのか?疑問に思ったことはありませんか。
私が幼いときはお母さんに、小児内科に連れていった貰った記憶があります。
街中を歩いている時に目にする、耳鼻咽喉科、インターネットや電話帳で目にしたことがあるかもしれませんが内科と実際にいくのはどちらがいいのか?
答えを言うとどちらも正解になります。
上記に書いてある症状がある場合はどちらとも共通の診察を行なっていただけます。
では一体、なんの違いがあるのかと疑問に変わっていくと思いますが、大きな違いはその診察範囲になります。

「内科」とうのは簡単に説明をすると頭から足まで全体を通しての診察を行う事ができます。

次が


「耳鼻咽喉科」とうのはどういうものかというと、鼻や喉を専門とした「専門家」「専門医」のお医者さんがいます。

こちらは喉にかんして特化しているので鼻水や喉に関して、詳しく知りたいという方は通院してみるのもいいと思います。また花粉症などですと、花粉に特化して研究をされている方がいらっしゃたりするので、花粉などで悩んでいたりする方にはおすすめです。 スポンサーリンク

また他にも「呼吸器科」というものがあります。こちらは「肺」「ぜんそく」といった分野に特化した専門医のお医者さんがいます。
症状があまりにも重く、肺に痛みがあると感じた場合は「耳鼻咽喉科」の専門範囲外になってくることがありますので、このような場合ですと、呼吸器科に行き、精密検査を行なって見るといいと思います。

 

いずれも特性がありますので、自分の症状にあった科を選択するといいと思います。
また内科と耳鼻咽喉科とうのは精通している部分もありますので個人の症状によってえらんで受診されるといいと思います。
花粉症がとくにひどく、レーザー治療など粘膜を焼くことにより数年間花粉症の症状を抑えることが出来ることもあるので花粉症の方は、内科また耳鼻咽喉科を調べてみて、レーザー治療を行なっている場所を調べて治療を行こなってみるのもいいと思います。

スポンサーリンク