MENU

唾を飲むと喉に違和感が!この病気は?

スポンサーリンク

皆さん、日常で生活している上で色々と病気に掛かる事があります。このサイトでは喉に関しての記事を書いておりますが、今回は唾を飲み込んだ際や何かを飲み込んだ際に起きた喉の違和感に関して一体、どういった病気があるのかを説明したいと思います。
まず普段の生活のなかで、飲み込んだ際に、喉のイガイガした感じや引っかかりや、喉が狭いと感じるようなこと圧迫感みたいなものを感じた事があるかた。
「咽喉頭異常感症」と言うものかもしれません!!この咽喉頭以上感染症とういうは正確に言うと病気には分類はされていません。
喉と言うのは少しのことで症状を出すので、


原因自体が、腫瘍、炎症、逆流性胃炎、感染症、異物、喉が傷が付いたりといった原因の可能性がありうる為に、病気とは言い難い原因がるので、すべてを総合的にまとめて「咽喉頭異常感染症」という名称になっております。

また上記のて「咽喉頭異常感染症」の原因のひとつとして挙げられるのが「ストレス」です。
じつはこちらのもの、うつ病の方に多く症状がでるようです。実際に、喉の痛みがあったのが、メンタル関係のお医者さんに行って症状が改善した方がいらっしゃったりします。

スポンサーリンク

また喉の違和感として、「重症筋無力症」というものがあります。
この自覚症状としては、喉に食べ物が通りづらいと行ったものがあります。こちらは喉の筋肉が低下するということから発生するようです。
他にも喉にものが通りづいものとして、扁桃炎咽頭炎とが原因になるものがあります。

 

喉の症状というのはなかなか原因というものが判断が付けづらいものが多いので、病気として判断されるまでに時間を多くかかることが多いです。
しかしながら症状が長く続くと言うことは何かしら原因がある為なので、症状が長くづづくと感じた場合はお医者さんに診察に行くことをおすすめします。
また痛みが非常に強く、また強い場合は早期に病院に行った方がいいとおもいます。
なにはともあれ早く病院に行くことで自分の状態を知ることができると思いますので違和感を感じたら病院に行くことが一番だと思います。

スポンサーリンク