MENU

喉の痛みが効く薬とは!?

スポンサーリンク

喉の痛みで一番連想されるものと行ったら皆さんたいていの方は風邪にかかった時を思い浮かべるかと思います。
学生の方や、会社員の方など、学校や会社で喉の痛みや咳に悩まされたりした経験はありませんか。
また友人、知人、お客さんなどと会うときに、喉の心配をした方はいらっしゃいませんか?
今回は喉に効果のある薬を説明したいと思います。
特には薬名と言うよりは成分の方をメインに話をしたいと思っています。クスリと言うのは毎年新製品などが表れるとうのもあり、なかなか一般で購入する際に、混乱することが多いと思います。
また、似たような名称など数多くの喉に関しての薬が販売されているので、実際に自分がドラッグストアに行った際に指標になるような成分を解説しようと思っております。
まず喉の炎症に効果的な成分をあげたいと思います。
イブプロフェン
トラネキサム酸
こちらの成分はよく耳にすることも多いのでご存知の方も多いかと思います。

 

次は喉の痛みを和らげるのに効果がある鎮痛成分ですが
アセトアミノフェン
と言うものがあります。

 

次は喉の痛みと共に、風邪にかかった際に気になる咳ですが、
リン酸ジヒドロコデイン
メチルエフェドリン塩酸
と言うものがあります。

スポンサーリンク

薬の購入のさいには上記の成分を見て購入をしてただきたいと思うのですが、なかなか馴染みのない言葉が多いので覚えるは難しいと思います。
薬としてメジャーなものとしては「ルル」「パブロン」「コルゲン」といった物でしたら上記の成分が入っておりますので、覚えるのにはかんたんかと思います。
以上を参考にしていただいて、効果的に早期に症状改善をした貰えれば幸いです。
また成分を覚えたいと言う方も中にはいるかもしれせんよね!!そこでかんたんに覚える語呂をひょうきしとこうと思いますのでぜひぜひ覚えてください!
ドライブ中のリンさんとメチルさんの汗と

 

なかなか無理がある語呂だと言わないでくれると助かります。
解説すると「トラネキサム酸」と「イブプロフェン」でドライブとなり「リン酸ジヒドロコデイン」と「メチルエフェドリン塩酸」でリンさんとメチルさんになり
汗が「アセトアミノフェン」になります。解説しないとわからないくらい辛い部分があるかもしれませんが、逆に覚えてしまえばどこに行っても役に立ちます!
また雑学としてどこかで披露することもできるかもしれませんので有効活用してもらえると非常にうれしいです!!

スポンサーリンク