MENU

喉の痛みそれはがんの可能性かも?

スポンサーリンク

皆さん日常生活をしていく上で、病気になることが大なり小なりあると思います。このサイトでは喉に関しての情報をピックアップして紹介をしたいと思っています。
今回は喉の痛みの中でも一番重い病気と言っても過言ではない「がん」について説明をしたいと思っています。
皆さんが風邪を引いたりした場合に喉の痛みを感じることが多々あると思いますが、この喉の痛みに近いもので「喉頭がん」と言うものがあります。
この「喉頭がん」というのは初期症状と言うのが、上記に書き込みをしましたが、風邪にかかった際に表れる症状に近いものがあるので気づくことが遅れることが多々あります。
そこで症状の判断基準のひとつとして、1か月以上喉の痛みが持続すると言うものがあります。普通風邪の喉の痛みと言うのはだいたい症状が重くて薬を使用している場合ですと、長くとも2週間ほどもあれば症状の改善が見られます。
しかしこの「喉頭がん」とうのは当然ではありますが、薬では症状の改善が見られないです。
そのために、不安はあるかと思いますが、1か月間の期間を設けて様子を見る必要があると言うことです。
そのほかにも喉の痛みが1か月続くものとして、ウイルスなどによる喉の炎症が考えられます。そのため不安を感じたらすぐにお医者さんに通うことをおすすめ致します。
また、ストレスや生活週間にから起こる、逆流性胃炎とうことも考えられます。この胃酸により食道の粘膜が破壊され炎症を起こすことがあります。

スポンサーリンク

しかしながら胃炎だったからと安心することは出来ません。この逆流性胃炎というのは「喉頭がん」の原因になるうることがあります。
ですので、早期の治療を行い、胃や食道の炎症を治して通常の状態を保つことが大事になってきます。
また喉頭がんの種類の一つに「声門上がん」とうものがあります。こちらにかかると声がだんだんとガラ声になっていきます。
また進行が進んでくると呼吸困難につながることもあるので注意してください。
喉のがんというのはなかなか判断が難しいことがあるので、いずれにしろ喉に痛みがありなおかつ長期間の間痛みが続く場合は、病院で検査を行ってください。
病院で、問題がなければそれに越したことはないし、異常が発見されれば早期に治療に取り組むことができますので時間を見つけてお医者さんに診察をしてもらってください。

スポンサーリンク