MENU

子供が高熱をだし鼻血などの症状がある場合の対処方法について

スポンサーリンク

小さい子供は突然高熱をだし体調を崩す場合があります。
そんな場合にはあわてずに適切な対処方法を行うことが大切です。
子供が高熱を出した場合の対処方法としては、まず状態を確認しましょう。
子供が突然高熱を出す理由はまだはっきりとは解明されていません。
発熱自体は決して悪い症状ではありませんが、病気のサインの一つなので見逃さないようにしましょう。
また注意をしなければならないのは、脳に異常をきたす病気で子供が高熱を出している場合です。
脳炎、脳症、髄膜炎などがあげられます。
これらの病気の場合には意識障害やけいれん、おう吐の症状があらわれる場合が多いため、そのような場合には早急に医療機関で適切な対処方法を行いましょう。
ほかにも高熱に伴う症状としては下痢や発疹、鼻血や咳や腹痛、痙攣や震えなどがあげられます。
このような症状がある場合には特に注意をしてあげましょう。
これらの症状が子供にあらわれるイコール重病というわけではありませんが、何らかの病気のサインである可能性もあるため、注意して子供の状態を観察するようにして、早急に適切な対処方法をとりましょう。

スポンサーリンク

子供が高熱を出した場合に同時にあらわれる症状としては、下痢や発疹、鼻血や咳や腹痛などがあげられます。
高熱とともに下痢や発疹がある場合にはロタウイルスや食中毒や細菌性腸炎の可能性もあります。
下痢や嘔吐がおさまらない、水分を受け付けない、血便があるといった異常がある場合にはすぐに医療機関で適切な対処方法をとりましょう。
それから高熱の際に鼻血が起こる原因は単純性鼻出血と呼ばれるものです。
単純性鼻出血は鼻を強くかんだり、ほじったりすることで刺激を受けて起こるもので、子供の鼻血の原因はほとんどが単純性鼻出血とされています。
熱とともに鼻血が出るという特定の病気はあまりありませんが、鼻血を繰り返すようなら医療機関に連れて行き原因を特定させましょう。
咳はのどの粘膜に感染したウイルスを排出しようという正常な反応です。
長引く場合や生活に傷害するほどの場合には病気の可能性もあるため注意しましょう。
子供が発熱をした場合には他にどのような症状があるかも確認しましょう。
下痢は発疹はないか、鼻血は出てないか、水分は取れているかをきちんと確認して適切な対処方法をとりましょう。
焦らず冷静に対処方法をとることが重要です。

スポンサーリンク