MENU

大人で発熱や湿疹の症状が見られる病気とその原因について

スポンサーリンク

発熱や湿疹が起こる病気は子供に多く見られますが、大人も罹ることがあります。
中には、大人が罹ると重症化しやすいものもあります。
それではどのような病気で、このような症状が出やすいのでしょうか。
まず代表的なものとして、麻疹や風疹、水疱瘡などがあります。
麻疹や風疹、水疱瘡などはいずれも、ウイルスが原因で起こります。
そのため大人でも免疫がない場合、学校や会社などで流行の兆しがある時は、特に注意が必要です。
最近は大人でも、予防接種ができるようになっていますので、それを利用するのもいいでしょう。
では具体的に、どのような症状が出るのでしょうか。
麻疹の場合は、最初は咳や鼻水などの風邪のような症状が出て、一旦発熱が収まり、その後コプリック班と呼ばれる、白い斑点が口の中に見られます。
その後再び発熱し、赤い湿疹が出るようになります。
風疹の場合も風邪のような症状が出て、赤い湿疹がまず顔に現れ、全身に広がります。
また風疹の場合は、首などのリンパ腺が腫れることがよくあります。

スポンサーリンク

一方で水疱瘡は、やはり赤い湿疹ができますが、こちらは麻疹や風疹が原因の場合と違い、かなりのかゆみを伴います。
大人は重症化しやすいので気をつけましょう。
また子供の頃の水疱瘡のウイルスが原因で、大人になって帯状疱疹が出ることもあります。
この帯状疱疹は、発熱やかゆみなどの症状はほとんどありませんが、ぴりぴりした痛みがします。
特に体が弱っている時に起こりやすいのが特徴です。
また蕁麻疹やアトピー性皮膚炎、かぶれなどが原因の湿疹もあります。
蕁麻疹も、大人が罹ることは珍しくありません。
こちらは発熱の症状は少ないのですが、かゆみがひどいので、皮膚科を受診しましょう。
それ以外には、内臓や血液の疾患が原因で発熱や湿疹の症状が出ることもあります。
湿疹ではありませんが、紫の斑点が出る紫斑病は血小板の減少が原因で起こることもあり、また白血病や肝臓疾患が原因で、湿疹や発熱が見られるケースも多いです。
特に白血病の場合は、内出血が起こりやすいとか、倦怠感などの症状も出るようになります。

スポンサーリンク