MENU

大人に39度以上の発熱を起こした場合の対処法について

スポンサーリンク

大人でも子供でも39度以上の発熱を起こすと通常は動くことができません。
39度以上発熱を起こした場合には悪寒や吐き気があったり、おう吐を繰り返す場合もあります。
大人でも子供でも原因を風邪と安易に事故で判断すると対処が遅れる場合もあるため、早めに病院に行き適切な対処を行いましょう。
39度以上の発熱を起こした場合に自分でできる対処法としてはまず脱水症状を防ぐために、しっかりと水分補給を行いましょう。
39度以上の発熱がある状態だと大人でも子供でお体の衰弱が激しく、大量の汗をかきます。
これらの症状により水分不足になることで頭痛や嘔吐、めまいといった症状が強く現れるため、脱水症状を防ぐために水分補給を行いましょう。
水分補給を行う場合には水でも問題ありませんが、市販のスポーツドリンクなどでも効果的です。
一気に飲むと急激に体温が下がり体調が悪化する場合もあるため、少しずつ飲みましょう。
39度以上の発熱がある場合には大人でも子供でも早急に病院に行きましょう。
風邪以外が原因である可能性もあります。

スポンサーリンク

39度以上の発熱を起こした場合の対処法としては、まず水分補給をしっかり行いましょう。
大人でも子供でも39度以上の発熱をしている場合には汗を大量にかくため水分を失います。
水分不足になると頭痛や嘔吐、めまいなどの症状が悪化するため注意しましょう。
また太い血管である動脈を冷やす対処法も有効です。
体内の血液を冷やすことで体全体の熱を抑えることができます。
太い動脈を冷やすことでより効率的に熱を下げることができます。
この対処法を行う場合には急激に冷やしたりせずに、保冷材などをタオルやハンカチに包んで徐々に冷やしましょう。
首や脇や足の付け根に太い血管があるため、それらの部位を冷やすと効率よく体を冷やすことができます。
それから汗を大量にかいた場合には、そのままにしておくと体を冷やしてしまうためこまめに着替えるようにしましょう。
それから栄養価の高いバナナや栄養ドリンクなどで栄養摂取をして体力を回復させる対処法も有効です。
大人でも子供でも39度以上の熱が出ると動くことはできません。
特に子供の場合には自分の症状を正確に伝えることができないため大人が注意してあげましょう。

スポンサーリンク