MENU

大人が38度の発熱をした場合の処置方法について

スポンサーリンク

38度の発熱があった場合には病院に行き、安静にしておくのが正しい処置の方法になりますが、大人の場合にはそれができない場合もあります。
そういった場合には38度の発熱を抑える緊急用の処置の方法があります。
処置の方法としては栄養ドリンクなどで体力を回復させましょう。
一気に飲まずに少しずつ時間をかけて飲むことで体力を少しずつ回復させることができます。
寝る前に38度の発熱を抑えるための薬を飲んでから、少し時間をおいて栄養ドリンクを飲むのも効果的です。
薬は体力がある方がより効果を発揮できるため、栄養ドリンクと睡眠で体力を回復させることで発熱を抑える効果が期待できます。
それから38度の発熱を抑える処置方法をしては保冷材などを利用する処置方法があげられます。
保冷剤を脇の下にタオルなどに包んで入れて安静にすることで38度の発熱を落ち着かせることができます。
この時同時に保冷剤を手に握るとさらに効果が見られます。
上記の方法はあくまで一時的に発熱を抑えるための処置方法です。
大人でも子供でも発熱は無理に下げることは本来はあまりよくありません。
38度もの熱がある場合には病院に行き安静にしましょう。

スポンサーリンク

38度もの熱が出た場合には病院に行き安静にすることが処置の方法になります。
しかし大人でも子供でも休むことができない場合があります。
特に大人になるにつれてそういった場合は多くなります。
そういった場合の緊急用の熱を下げる処置の方法があります。
大人でも子供でも簡単にできる対策としては、まず脇を保冷材などで冷やすことです。
同時に手に保冷剤を握ったり、首の横や股関節の真上あたりも冷やすことで熱を抑える効果が期待できます。
脇や手、頸の横や股関節の真上辺りには太い血管が流れているため冷やすことで熱を抑えることができます。
また十分な水分を常温で飲みましょう。
お茶やジュースでは吸収されるまでに時間がかかるため、常温の水がおすすめです。
それから市販薬の使用も効果的です。
市販薬は飲み薬でも問題ありませんが、座薬の方が効果が高いとされています。
市販薬を使用する場合には、大人でも子供でも使い方を守って利用しましょう。
大人でも子供でも熱が出た場合には安静にすることが一番です。
本来熱を無理に抑えるのはあまり良いとされていないため、熱が高い場合にはきちんと十分な休息をとりましょう。

スポンサーリンク