MENU

発熱をしているときに目が痛い症状があらわれる場合の原因について

スポンサーリンク

発熱をしているときに目が痛い症状があらわれる場合には、感染症が原因である可能性が考えられます。
発熱をしているときに目が痛い症状があらわれる病気の一つとして咽頭結膜熱があげられます。
咽頭結膜熱はプール熱とも呼ばれる病気でアデノウイルスに感染することが原因で起きる症状です。
小児期の子供に多く見られプールの水を介して感染が広がりやすいため、プール熱と呼ばれます。
プールの水が感染源である場合が多いため夏の時期に流行すると思われがちですが、一年中流行する可能性がある病気です。
咽頭結膜熱の症状としては発熱とともに喉と両目が痛いという症状があらわれます。
ほかにも発熱して目が痛い症状があらわれる原因としては眼精疲労、蓄膿症、涙嚢炎、原田病などがあげられます。
自分で注意することで原因を取り除くことができる場合もありますが、難しい場合もあるため異常を感じた場合には無理をせずに病院に行き適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

発熱の症状と同時に目が痛い症状があらわれる原因は様々なものが考えられます。
原因の一つとしてはまずストレスがあげられます。
ストレスや疲労が蓄積すると、それが原因で目が痛いと感じます。
症状がひどくなると何かを見るだけで目が痛いと感じたり、最悪失明する可能性もあるため、疲労やストレスを感じたらしっかりと休みましょう。
また風邪からの副鼻腔炎や慢性化した蓄膿症などから目が痛い状態になることもあります。
この状態になると激しい頭痛や吐き気やけいれんなども現れる場合もあります。
このような状態になったら無理をせずに早急に病院に行き適切な治療を受けましょう。
それから風邪になっても目が痛いと感じる場合もあります。
この場合は発熱による頭痛の痛みを目の奥で感じています。
両目に痛みを感じる状態なら風邪が原因の可能性が高いですが、片目のみだと別の原因である場合もあります。
ほかにも発熱とともに目に痛みを感じる理由は様々なものがあげられますが、こういった異常を感じた場合には無理をせずに病院に行き適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク