MENU

発熱時の処置の方法で冷やす場所は首や脇の下などが良い

スポンサーリンク

子どもでも成人でも発熱というのはつらいものです。
発熱の時の処置として最も良い方法は、解熱剤などで無理に下げるやり方よりも、太い血管が通っている所を冷やす方法が最も効果的な処置になります。
冷やす場所として最も良いと思われる場所は首やわきの下などが代表的な場所だといえます。
一方で冷やす場所をおでこにしているケースもみかけますが、この方法はあまり効果が得られる処置とはいえません。
基本的に発熱というものは、体内の病気と闘っている状態でもありますので、無理に解熱剤などで下げても回復をしているわけではありません。
しかしながらあまりにも長時間の高熱などの場合には食事だけでなく水分の補給も難しくなる事も考えられる事から一時的に身体を休めるような意味で首や脇の下を冷やすと良いといえます。
発熱時に注意をしたい事は脱水症状になります。
高熱で体内の水分が失われていきますのでできる範囲で水分を補給する事が重要になります。
特に小児の場合には処置のおくれや冷やす場所や方法を間違うと、短時間で重篤な状況にもなる危険性がありますので注意が必要になります。

スポンサーリンク

発熱時に行う処置方法として、首や脇の下などの太い血管が通っている箇所を冷やす場所として選択する事で、一時的に体温を下げる事はできますが、この処置も病気自体を治療している方法ではなく、あくまでも発熱に対する処置になりますので、安心ができるわけではありません。
実際に冷やす場所として首やわきの下を冷やす場合には市販で販売されている冷却シートのような物を利用するか、保冷剤をタオルなどで巻いて冷やす場所をできるだけ安定させながらも急激に冷たくしないように注意が必要になります。
発熱時に冷やす場所としておでこはあまり好ましくないといますが、患者さんがおでこを冷やす事で気持ちが楽になるようであれば、発熱に対する処置方法としては決して好ましいとは言えませんが、同時に首やわきの下を冷やす事でそれなりの効果が期待できます。
しかしながら首やわきの下を冷やしても体温が下がらない場合や他の症状で首を回した時に痛みがあるようだと別の病気を考えなくてはいけませんので、できるだけ早い段階で医療機関を受診する事が望ましいといえます。

スポンサーリンク