MENU

肺炎時の発熱のメカニズムや理由

スポンサーリンク

最近では高齢者の多くが肺炎で亡くなられている話を聞きます。
テレビでは肺炎球菌ワクチンの話などがCMで流されるほど社会的にも問題になっています。
この肺炎ですが、誰が発病するかわかりません。
風邪を理由に肺炎になったという話は昔からある事で、赤ちゃんから高齢の老人まで可能性は誰でもあります。
肺炎は感染症の一種と言われています。
肺の中にいろいろな理由により、細菌やウイルスが侵入して、感染し増殖する事と言われています。
原因となる細菌やウイルスの代表的なものは、テレビのCMや新聞紙上でも言われている肺炎球菌や黄色ブドウ球菌等があります。
この病気に罹患すると、呼吸器系の症状として出現し、発熱等起こし全身に悪影響を及ぼします。
高齢者や赤ちゃんや小児が感染すると抵抗力が弱いという理由の為、命の危険も考えなければいけない場合があるので軽んじてはいけません。
治療法は、服薬や注射などにて細菌等に対して抗生物質等を使用し処置しますが、状況によっては入院して発熱のための処置、そのほかに点滴や酸素療法などの処置が必要な事もあります。

スポンサーリンク

肺炎発症のメカニズムとしては、いろいろな理由が考えられます。
風邪に罹患してから発症するときや、他の疾患から移行してしまう場合、特別な場合としては溺れた際、肺の中に入ってしまった水の中の菌が理由となり発症する事もあります。
免疫が低下した時も気を付けなければ発症する事もあります。
このような事が起こらないように、人体内には免疫というシステムにより、細菌等を排除や攻撃して防御するメカニズムがあります。
発熱も防御反応の一つで、高温を体内で発生する事で細菌やウイルスを殺傷するというメカニズムにより守ってくれています。
細菌やウイルスは高温化では増殖できず生きていけないという理由に基づいており、発熱は理にかなった防御メカニズムです。
体の中の免疫システムには白血球による防御メカニズムも働いており、温度が高いと活性化し捕食作用も活発化する特徴があります。
発熱等の体温調整は、主に脳の中の視床下部という部分にて調整をしています。
体内に異物が侵入すると、扁桃腺やリンパ腺のような部分にて異物と判断し、異物の侵入を阻止する白血球の様なメカニズムもあります。
発熱の理由は、異物の侵略の対策や増殖防止などがあります。
ただし、いつまでも発熱が続くような時は、細菌等を排除するためのメカニズムが対応できなかった可能性があるので、発熱が続く場合は病院での処置が必要になる事もあります。

スポンサーリンク