MENU

発熱が脱水を引き起こす理由とメカニズム

スポンサーリンク

発熱が、脱水症状を引き起こす理由やメカニズムについてご紹介します。
そもそも発熱時には、熱を作り出すために全身の筋肉が使われている状態となっています。
つまり、身体を動かしていなくても、発熱=体力を消耗しているというわけです。
そして、発熱時には汗をかいて体温を下げようとする機能が働きます。
これらの理由が、発熱が脱水症状を引き起こすメカニズムのひとつとなっています。
 前述しましたように、発熱時には発汗するようになるのですが、汗腺から出た汗が皮膚の表面で蒸発する際に熱を奪うというメカニズムが働くために、体温の上昇をくいとめて熱が下がるようになります。
しかし、脱水症状に陥った場合には、発汗量は低下して体温はますます上昇するようになっていまいます。
脱水状態下では、筋肉中の血流量を確保する必要があるという理由から、体温が38度以上になると血流量がそれ以上増加しないというメカニズムが働きます。
結果、脱水状態では体温が上昇し、発熱するというわけです。

スポンサーリンク

 程度が体重の2%程度までであれば、脱水状態になったとしても体温が上昇することはまずありません。
このメカニズムによると、体重が50Kgの人の場合には、1.0Kg以内の脱水では体温は上昇しないということです。
体内の水分量が1.0Kg以上失われた場合に、発熱するようになります。
ゆえに、この理由からご自分の体重の2%以上の脱水には注意が必要となります。
ちなみに、体重の2%以上水分が不足すると、それ以降1%ごとに体温は0.3%ずつ上昇するというメカニズムが働きます。
 脱水は発熱の理由のひとつになりますので、特に運動をする場合には、しっかりと水分補給を行なうということが重要です。
水分を普段からしっかりと摂るようにすることによって、効率的に体温調節のメカニズムが働くということを認識しておきましょう。
人間の体は、体温が上昇すると血管が拡張するようにできています。
血管を拡張させて、汗腺から熱を放散させてるというのが、熱が出ると汗をかきやすくなる理由となります。
汗は体温調節に重要な役割を担っています。
水を飲むとトイレが近くなったり発汗量が増えるという理由から、あまり水分を摂らなようにしているという方もいらっしゃいますが、特に小児や高齢者は体温調節が難しいので注意が必要です。

スポンサーリンク