MENU

大人が発熱後、手に発疹が出るのは何が原因なのでしょうか

スポンサーリンク

大人で発熱後、手に発疹が出るのは、どのような病気が原因なのでしょうか。
発熱後に発疹が出る病気は、麻疹や風疹、水疱瘡や溶連菌感染症など結構あります。
これらの病気は子供のものと思われがちですが、大人でも免疫がない場合、あるいは抵抗力が落ちている時などは、感染することがあります。
大人だから罹らないということはありません。
またこれらの病気は、発熱後の発疹が手にできることもあります。
特に麻疹や水疱瘡、あるいは溶連菌感染症が原因でできる場合は、手のひらに出ることもありますし、その他にも体の様々な部位に発疹が現れ、水疱瘡の場合はかなりのかゆみを伴います。
特に大人が感染した場合は、子供よりも症状が重くなることがあるので注意しましょう。
風邪かと思っていたら、発熱後に体のあちこちにぶつぶつが出始めた、しかも風邪薬で治らないという時は、速やかに病院に行くようにしましょう。
病院は内科がお勧めです。
そして麻疹や水疱瘡以外でも、発熱後手に発疹ができて、大人でも感染する病気があります。
それはどのような病気でしょうか。

スポンサーリンク

まず手足口病があります。
これも子供の病気と考えられがちですが、大人が罹ることもあり、しかもこの病気も、大人が罹った場合は重症化しやすいのです。
名前の通り、発熱後に手足、あるいは足の裏や口の中にまで水疱ができます。
ウイルスが原因でかなり感染力が強く、一度罹ってもまた罹ることがあります。
それから血管性紫斑病が原因のこともあります。
この場合は発疹というより、出血班のようなものが手や足首、あるいはお尻の部分を中心にできます。
溶連菌感染症が原因ともいわれていて、腹痛や関節痛を伴うことが多いので、まず内科を受診しましょう。
この血管性紫斑病が原因で、腎臓疾患を起こす恐れがありますので注意が必要です。
また、アレルギーが原因で発熱し、発熱後に蕁麻疹が出るというケースもあります。
特に体が弱っている時は、風邪を引いた時に発疹が見られることもありますし、また薬でアレルギーを起こすこともあります。
いずれにしても、風邪のような症状で、発熱後何か異常が見られる、なかなか治らないという時は早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク