MENU

疲れやストレスが原因の発熱とその対処方法

スポンサーリンク

疲れやストレスが原因で発熱することがあります。
この発熱のことを「心因性発熱」といい、病院を受診しても特効薬は存在していません。
そもそも人間には自律神経が備わっており、自律神経は交感神経と副交感神経とで構成されています。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、交感神経が優位にたつと、身体が興奮状態となって熱が出やすくなるというわけです。
 疲れるとすぐに熱が出るという人が存在しています。
いわゆる虚弱体質の人は、体力がないために疲れやすく、必然的にストレスにも弱く、発熱しやすくなるというわけです。
疲れやストレスが原因ですぐに発熱するという人の対処方法は、ずばり体質を変えるということです。
虚弱体質はケアすることによって、ある程度改善させることができます。
 疲れで熱が出るのはストレスが原因であり、風邪で熱が出るのはウィルスが原因となります。
ウィルスが原因であれば有効な薬が存在しているのですが、疲れが原因の場合には、前述しましたように特効薬は存在していませんので、体を安静にするという方法が対処方法となります。
 スポンサーリンク

 虚弱体質の人は、ストレスに過剰に反応するために心因性発熱を引き起こしやすいのですが、それは逆に、体が強ければストレスに対する耐性が強いということでもあります。
手軽に行える虚弱体質を変える対処方法については、体質改善効果のある食品を意識して摂るという対処方法が挙げられます。
昔から薬効や滋養強壮効果が高いといわれているニンニクは代表的な食品となるのですが、食べ過ぎてしまうと胃の粘膜を刺激してしまいますので、食べ過ぎには注意する必要があります。
 心因性発熱の原因である疲れやすい体質を改善させるために有効な食品については、乳酸菌を含んだ食品やネバネバした食品、生姜、梅干しなどの酸っぱい食べ物、ニンジンなどが挙げられます。
逆に、体質改善のために、できるだけ避けるべき食品を摂らないようにするという方法も有効な対処方法となります。

できるだけ食品添加物を含んだ食品は避けるようにしましょう。
 保存状態をよくしたり、味の劣化を防ぐために、多くの食品に添加物が多用されているのが現状なのですが、免疫力を低下させたり活性酸素を発生させるという悪影響を及ぼします。
体質を改善させるためには、食品添加物の食品の過剰摂取をしないということも有効な対処方法となります。
また、食生活に気をつけるのと併せて、不足しがちな栄養素をサプリメントで摂るという方法も有効な対処法となります。

スポンサーリンク