MENU

咳止め薬が効かないときの原因と肺炎について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、咳がたくさん出るというようなことがあります。
風邪をひいたと感じる人も多くなっていますが、咳が出たときには咳止め薬を服用するようになっています。
しかしこの咳止め薬を服用しても、効果が見られず効かないというような経験をしたことがある人も少なくありません。
このように咳止め薬が効かないというときに考えられる原因としては、症状に適していないということがあります。
咳止め薬が効かない原因として考えられるのは、その薬が症状にあっていないということがあります。
咳の状態によって適しているものがあります。
5日から6日間服用しても効果が見られないというときには、薬剤師に相談するようにします。
ドラッグストアなどで購入する人が多くなっていますが、この時には自分の症状を詳しく説明するということが大切になります。
その後で購入するようにします。
この他にも考えられる原因があります。
それは風邪以外の疾患が関係しているということになります。

スポンサーリンク

ここで考えられる病気として肺炎があります。
咳が止まらない病気というのはたくさんあります。
したがって内診だけでは詳しく確認することができません。
咳が激しく出ているというときに、このような状態が何日も続いているというようなときには、病院を受診するようにします。
ここでは感染症や他の病気が原因となっていることもあります。
風邪と間違えやすいものとしては、結核や肺炎があります。
このような病気の場合には、市販のものでは効果を実感することができません。
早めに病院を受診し、治療を少しでも早く始めることが大切になります。
マイコプラズマ肺炎という病気がありますが、これは早朝や深夜に発作のような強い咳が出るようになっています。
非常に感染力が強くなっているので、注意が必要となります。
マイコプラズマ肺炎は夏の終わりから冬に流行するようになっていますが、潜伏期間は2週間から3週間です。
治療までには1週間から2週間が必要となります。

スポンサーリンク