MENU

肺炎と自宅での療養治療について

スポンサーリンク

長い咳が続くというようなことがありますが、これは必ずしも風邪が関係しているということはありません。
風邪の症状に似たものでも、別の病気の可能性もあるので、しっかりと病院で検査をする必要があります。
長い咳が続いていつもとは違うという症状を感じ、病院を受診したときに肺炎と診断されることがあります。
肺炎にはいくつかの種類がありますが、病原に生物の種類によって分類することができるようになっています。
その中で細菌性や非定型やウイルス性というように分けることができます。
それぞれ症状が異なっており、治療期間や治療方法も異なっています。
したがってその違いをしっかりと頭に入れておくようにします肺炎と診断されたときの治療に関しては、基本的に薬を服用するということと安静が必要になります。
治療にどのくらいの時間が必要になるのかというと、症状が軽いという場合には自宅療養となります。
自宅療養の場合には、病院を受診し外来で薬を処方してもらいます。

スポンサーリンク

外来で処方してもらった薬を服用紙なら自宅療養で安静にしておきます。
その結果約1週間で回復するようになっています。
しかし症状が重いという場合には自宅療養だけでは回復することができません。
この場合入院が必要となります。
2週間から3週間という期間や、中には数ヶ月入院をしなければいけないこともあります。
治療内容としては、抗生剤を服用したり点滴が行われるようになっています。
呼吸が困難という場合には、酸素吸入などの治療が行われています。
期間に関しては個人差があります。
それは体力や受診の時期によって左右されるからです。
どのような薬が使われているのかというと、抗生剤が基本となります。
この他に必要な場合は解熱剤や咳止めなどが使われるようになっています。
医師の指示に従って服用するようにします。
肺炎では、原因と考えられる病原菌にあわせて抗生剤が使われるようになっています。
一般的に2種類の抗生剤が使われるようになっています。

スポンサーリンク