MENU

血痰等の症状が現われる肺炎について

スポンサーリンク

肺炎とはその名前からも分かるように肺に炎症が起こる疾患で、肺に関する疾患の中では特に有名な疾患になります。
肺は呼吸において重要な役割を果たす部分なので、ここに炎症が起きると命に関わる事になる可能性もあります。
現在の日本では65歳以上の高齢者が発症すると、命を落とす直接的な原因となる事も少なくないです。
そのため発症が疑われる場合には速やかに病院を受診して、それぞれの状態に合った治療を開始する事が大切になります。
 肺炎が発生する原因については細菌やウイルス等への感染が代表的で、原因となる細菌等にはいくつかの種類があります。
例えば細菌の場合には黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌、緑膿菌等の種類を挙げる事が出来ます。
またウイルスの種類としてはインフルエンザウイルスに代表される、呼吸器系ウイルスが原因となる事が多いとされています。
細菌やウイルス以外にもマイコプラズマやクラミジア等が原因となって発症する場合もあるので、普段から注意しておく事が大切です。

スポンサーリンク

 肺炎を発症した場合に現われる症状としては咳や胸痛、発熱や全身の倦怠感等が代表的な症状として挙げられます。
それ以外にも痰の症状が現われる事も多く、ひどくなると血痰が出る事も少なくないです。
 血痰とはその名の通りに痰に血液が混じるというもので、どの程度の血液が混じるかは人によって異なります。
この疾患の場合の血痰は膿が混じったような黄色をしているのが一般的で、肺や気管から出血が起きている事が多いです。
 肺炎の治療方法としては化学療法を用いる事が多く、原因に合わせた薬等が処方されるようになります。
ちなみに経口服用が基本となりますが、体力が落ちている等で口からの服用が困難な場合には、点滴で投与を行なう事もあります。
 化学療法以外にも患者の栄養状態の改善や、脱水状態を防ぐための充分な水分補給等も重要になります。
また肺の炎症が激しく自然な呼吸では充分な酸素が取り入れられない場合には、酸素吸入が用いられる事もあります。

スポンサーリンク