MENU

肺炎で息苦しい症状の対処

スポンサーリンク

肺炎とは感染症の事をさします。
その原因は色々な微生物やウィルス、化学物質、物理的刺激など多様のものがあります。
人間の体は酸素を体内に取り入れ二酸化炭素を出すために呼吸します。
肺の働きとして大事な機能なので早期に治療しておくべき疾患です。
肺の炎症は多くは病原体感染によるもので、通常の診察では胸部の濁音や異常陰影により診断されます。
患者の年代や性別によって、重症度や発症場所などは異なりますが、肺炎の症状では共通して息苦しい、咳が出るなどが多く見られます。
短く息をすると喉受容体に違和感を感じて、その異物を除去するために防御本能として体は異物を除去しようと咳を出します。
薬や精神的な刺激、緊張によっても息苦しさを感じることもありますが、いずれにしても咳や息苦しさが長く続くと、日常生活に影響が出てくることがあるので、肺の状態と対処法を知ることが大切です。
また風邪から肺炎へ悪化する恐れもあります。
肺炎と風邪はよく似た症状ですが、他のウィルスでも同じ症状を起こすこともあり、軽度の場合、初期の対症療法は十分な睡眠と睡眠補給が大切です。

スポンサーリンク

肺炎の症状は大変つらく息苦しい病気です。
特に高齢になるほど原因となるウィルスを排除できずにそのまま鼻や口から侵入して肺に入って炎症を起こします。
最近では細菌の繁殖した食べ物などが器官に入って誤嚥性肺炎になる人が増えています。
口内の細菌の繁殖や誤嚥、免疫力低下により発症しやすく、飲み込む力のない高齢者などには恐ろしい病気です。
空気が排出されず肺に溜まったままだと、息苦しい状態で咳や発熱、のどの腫れ、冷えなどが出てより悪化する恐れがあります。
対処方法は初期安静と保温、水分補給、栄養点滴です。
熱がある場合は鎮痛剤や解熱剤、咳止めなどの薬、ウィルスを取り除く原因治療が行われます。
また煙草を吸う人は肺の炎症がおきやすく、肺胞の細胞が壊れて灰の中に空気が溜まったままの状態になるので余計に呼吸がスムーズにできなくなります。
病気が進行すれば心臓にも悪影響を与え、肺がんになる恐れもあります。
予防と治療には日頃から腹呼吸をしたり、禁煙が鉄則です。

スポンサーリンク