MENU

肺炎で入院と熱が下がらない症状について

スポンサーリンク

肺炎という病気を耳にすることがありますが、実際にはどのような症状が現れるのかがわからないという人も少なくありません。
似たような症状柄割れる病気として風邪があります。
これは鼻や喉や気管支が侵されて、鼻水や咳が出るようになっています。
しかし肺の場合は肺が侵されて身体に異常が現れるようになっています。
風邪はウイルスが原因となっていますが、肺の場合は風邪のウイルスだけではなく、細菌などというようなさまざまなことが原因として考えられています。
しかしあまり知識のない人が、どの病気であるかを判断することができません。
風邪の原因となっているウイルスが体の中で生存するというのは3日前後となっています。
熱が出たり咳や鼻水が出るということがありますが、一番ひどいときも3日前後となっています。
インフルエンザの場合でも5日前後となっています。
したがって3日から5日経過しても咳がひどく、熱が下がらないというような場合には、肺炎の可能性があります。

スポンサーリンク

肺炎の症状に関しては、初期の場合には風邪と区別をすることができません。
しかし熱が下がらないというような状態や、痰が膿のようになって止まらない、すぐに息が切れて睡眠を十分にとることができない、呼吸や脈拍が増えるというような状態になったときには、病院で詳しい検査を受ける必要があります。
これらの他にも変な汗をかくようになったり、食欲が低下するというようなこともあります。
気管支炎の可能性もあるので、一度病院で詳しい検査を受けるようにします。
どのような治療が行われるようになっているのかというと、それは原因となっているものによって異なっています。
症状が軽いという場合には、自宅で安静にするようになっています。
薬としっかりと体を温めるという方法で、1週間程度で治るようになっています。
しかし状態があまりよくない場合には入院が必要となります。
熱が下がらないというようなときには、2週間から3週間の入院が必要となります。
入院の際には、抗生物質の点滴と酸素吸入が行われています。

スポンサーリンク