MENU

肺炎球菌ワクチン接種と喘息の影響

スポンサーリンク

子供が病気の予防をするときに行っているのが、ワクチンの接種ということになります。
これは非常に効果が高いと認められているものとなっています。
しかし体の中にウイルスなどを入れるということになるので、接種をするときには十分な注意が必要となります。
その中で肺炎球菌ワクチンというものがあります。
これには次のような特徴があります。
肺炎球菌によって肺炎が発症するようになっていますが、この時には重症化することもあります。
したがって喘息などに影響をすることもあります。
肺炎球菌というのは、耐性菌が多くなっているので、治療が困難になってしまうこともあります。
したがって肺炎球菌ワクチンを接種して、しっかりと予防をすることが必要になります。
意外や手洗いや入浴や運動、この他には規則正しい生活である程度は予防をすることができますが、肺炎球菌ワクチンを接種することで、これ以上に高い予防効果が期待されています。
実際に接種した人としていない人を比べると、その影響には差があります。
肺炎で喘息が重化する人が少なくなっています。

スポンサーリンク

高齢者で喘息などの持病を持っているという人がいますが、この場合にも影響してきます。
肺の病気を持っているという人がいますが、肺炎球菌ワクチンを接種することで、死亡率を低く抑えることができるという結果が出ています。
高齢者を対象にしたときに、まだまだ実施しているという人が少なくなっていますが、最近では増加傾向にあります。
注射をした方がいいと考えられている人は、65歳以上の高齢者や肺の基礎疾患があるというような人です。
この他には糖尿病や慢性肝疾患などで免疫が低下している人となっています。
ワクチンに関しては、0.5ミリリットルを皮下や筋肉の中に注射をします。
注射をした後はある程度の副反応の可能性があります。
具体的にはどのような症状柄割れるようになっているのかというと、注射をした部分が赤くなったり腫れたりします。
これが約50パーセントの人に現れるようになっています。
発熱や筋肉痛が現れることもあります。

スポンサーリンク