MENU

肺炎球菌ワクチン中耳炎との関係について

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンというものがあります。
これは肺炎球菌による感染を防止するものとなっています。
肺炎球菌感染症という病気がありますが、これは次のような特徴となっています。
肺炎球菌感染症は、肺炎や敗血症や中耳炎を引き起こす可能性が非常に高くなっています。
したがって肺炎球菌ワクチン中耳炎との関係が非常に高くなっています。
また肺炎球菌感染症では、症状が急激に悪化することがあります。
したがって治療を行うときには、抗生物質が使われるようになっています。
肺炎球菌感染症では、中耳炎との関係があると考えられていますが、この他にも体にさまざまな症状が現れるようになっています。
そのなかで一番恐れられているのが髄膜炎となります。
それは病気の進行が早いからです。
点滴で抗生剤を投与しても、病気の進行に追いつかないということもあります。
したがって病院を受診したり診断をするというのが遅くなってしまうことも珍しくありません。

スポンサーリンク

そのために肺炎球菌ワクチンの接種が行われるようになっています。
肺炎球菌ワクチンにはどのような特徴があるのかというと、2歳以上の子供や高齢者に用いられるというように分けることができるようになっています。
老人の肺炎予防としての効果が期待されています。
肺炎球菌ワクチン中耳炎の関係もわかっています。
肺炎球菌ワクチン中耳炎の関係に関しては、ワクチンを接種することで、急性中耳炎の約65パーセントに有効と考えられています。
この他には菌血症の約86パーセント、髄膜炎の約83パーセントに有効と考えられています。
中耳炎を繰り返し発症したり、難治性の中耳炎の場合、このワクチンを接種することが有効であると考えられています。
実際に抗生物質を使う量を約1割以下に減らすことができるという結果も出ています。
髄膜炎や敗血症というような肺炎球菌感染の予防をすることができますが、これ以外に中耳炎などの他の病気の予防をすることができるという特徴があります。

スポンサーリンク