MENU

肺炎球菌ワクチン腕が痛いという副反応について

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンというものがあります。
これは乳幼児や高齢者の接種がすすめられているものとなっています。
肺炎球菌とはどのような特徴があるのかというと、これは肺炎の原因として一番多い菌となっています。
しかし実際には健康な人の体の、喉や鼻の奥に存在しているという常在菌となっています。
したがって非常に身近な菌として考えることができます。
ここで体力や免疫力が低下してしまうと、菌の活動が活発になってしまいます。
その結果肺炎を引き起こすようになっています。
また肺炎だけではなく血液の中に最近が入ってしまうという菌血症や細菌性髄膜炎などの重い病気を発症することがあるので、注意が必要となります。
肺炎球菌は非常に硬い殻で包まれています。
したがって白血球の攻撃の抵抗力が強くなっています。
したがって肺炎球菌によって発症する肺炎に関しては、症状が重くなる傾向にあります。
肺炎球菌による感染症に関しては、1歳までの乳幼児と高齢者に多くなっています。

スポンサーリンク

肺炎球菌による病気は非常に恐ろしいものとなっていますが、肺炎球菌ワクチンを接種することで、一定の予防効果が期待できます。
肺炎球菌ワクチンを接種することで、80種類以上の方があると考えられている肺炎球菌の中の、23種類の免疫を付けることができると考えられています。
ワクチンを接種したという人は、接種していないという人と比べると、症状が重くなるリスクや死亡率を半分以下になると考えられています。
しかし注意をしなければいけないことがあります。
それは肺炎球菌ワクチン腕が痛いというような副反応があるということです。
肺炎球菌ワクチン腕が痛いという副反応は珍しいことではありません。
この他にはどのような副反応があるのかというと、発熱が見られることもあります。
呼吸困難や蕁麻疹というようなアナフィラキシー症状が現れることもあります。
肺炎球菌ワクチン腕が痛いというような副反応があるというのを、しっかりと理解しておきます。

スポンサーリンク