MENU

風邪と肺炎のうつる症状について

スポンサーリンク

咳が長く続くということがあります。
このようなときに多くの人がいちばんに考えるのは、風邪ではないかということです。
風邪は非常に身近な病気となっているので、この病気を最初に疑うというのも珍しいことではありません。
しかし風邪と安易に考えないようにします。
咳が長く続くときには、他の病気の可能性も考えられるのです。
この時に考えられる病気として肺炎があります。
肺炎は人にうつるのかと疑問に感じる人がいますが、肺炎とひと言で言っても、さまざまな種類があります。
したがってこの病気の知識をしっかりと頭に入れておくことが必要になります。
この病気には、うつるものとうつらないものがあります。
うつりにくいものの代表としては、風邪をこじらせてしまって現れる症状のことになります。
この他には誤嚥が関係しているというものがあります。
これに対してうつるものとしては、インフルエンザや肺炎球菌やマイコプラズマが関係しているものとなっています。

スポンサーリンク

うつる肺炎の症状は次のようになっています。
インフルエンザが関係しているものとしては、インフルエンザウイルスが気道に感染することで発症するようになっています。
肺炎球菌が関係しているものに関しては、健康な人の口や喉にも見つかるようになっています。
放っておいてもそのまま発症しないということもありますが、体力や免疫力が低下しているときに感染するというのが多くなっています。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
それは子供や高齢者に感染をしたときには、命の危険があるというのを忘れないようにします。
マイコプラズマというものがありますが、これは4年周期で流行するようになっています。
学校や会社などでインフルエンザやマイコプラズマの症状を持っている人がいたり、うつらない症状に有効な薬が効かず、咳が続いているというようなときには、感染している可能性があります。
症状が重くなると、呼吸困難などの症状が出てくるので、すぐに病院に行くようにします。

スポンサーリンク